ポリゴン・ピクチュアズ、レンダリングソフト「PPixel」を自社開発 独自の映像表現と効率化を実現

レンダリングソフトウェア「PPixel」

『GODZILLA 怪獣惑星』や『シドニアの騎士』などで知られるデジタルアニメーションスタジオ国内最大手のポリゴン・ピクチュアズが、レンダリングソフトウェア「PPixel」を自社開発したことがわかった。

 

「PPixel」は、3DCGをセル画(手描き)アニメーションのように表現する「セルルックCG」スタイルといった、NPR(ノンフォトリアリスティックレンダリング)表現に特化したインハウスのレンダリングソフトウェアだ。

近年ますます多様化する映像表現において、独自性のあるルックやスタイル表現を可能にすることを目的に開発された、新しい映像表現の探求に欠かせないツールとなる。

 

ポリゴン・ピクチュアズはこの開発・導入によって、より独自性の高い映像表現を作り出すとともに、「PPixel」と既存の制作パイプラインシステムの融合、NPR表現にフォーカスすることによる処理の高速化、レンダリング時間の短縮などの効率化を実現。これまで以上に高品質な映像を、高い生産性で制作することが可能になった。

 

なお同社ではCGの技術開発だけでなく、発展の著しいIT技術を効果的に映像制作に活用するための取り組みも行っている。

今後もハイエンドな映像制作のために必要なソフトウェアを部分的に内製化することで、先進的IT技術とCG映像制作の親和性を高めることに推進していく構えだ。

 

[仲瀬 コウタロウ]