1年ぶりのワンフェス幕張で開催 史上最大規模で大盛況

wf20092

 難点を挙げるなら、会場が拡大したことで参加者の歩行距離がこれまでに較べてかなり長くなったことだろう。ワンフェス会場を全部見ようと思ったら、体力的な相当な覚悟が必要だ。朝から終了まで、丸一日いるぐらい時間を取るだろう。
 逆に言えば、これだけ大きくなってしまったワンフェスの全てを見ようとするのは、一般的なファンにとってはもう必要でないのかもしれない。今回、ワンフェスでは初めて成人向けのゾーンが設けたが、これとは別にジャンルごとの緩やかなゾーニングがあると便利なのでないかと感じた。

 この成人向けゾーンの設定も、今回の大きな変化だ。キャラクターフィギュアの中には、女性キャラクターのヌードに近いものも少なくない。それはイベントの華のひとつではあるが、近年は女性参加者も少なくない。そうした参加者が意図せずにそうした作品を目にするのはやや気まずい。また、参加者の年齢層も広がっており、未成年者との兼ね合いもある。
 今回の成人向けゾーンは、身分証明書を提示することで入場可能となる。未成年者の接触を避けると共に、身分証を提示することで、自ら見ることを了承するわけで合理的なシステムだ。

 実行委員会によればこれは幕張メッセだからということでなく、以前から検討課題だったという。これほど大きくなったワンフェスは、社会的責任も果たすことが必要という判断である。一方で、今回の会場の拡大が、こうしたゾーニングを設ける余地を生み出したとも言える。