スクエニとYahoo!が オンラインゲーム「戦国IXA」で連携

 大手ゲーム企業スクウェア・エニックスと国内最大手のポータルサイトYahoo!JAPANが、オンラインゲームで連携する。スクウェア・エニックスは5月27日からオンラインで楽しめるシュミレーションゲーム「戦国IXA(イクサ)」を、Yahoo!JAPANに提供することを発表した。
 「戦国IXA(イクサ)」は戦国時代を舞台にプレイヤーが武将となり、ロールプライング型のゲームを楽しめる。「戦国IXA」ではゲーム専用のソフトウェアをダウンドードする必要がなく、既にパソコンにあるインターネット閲覧のブラウザーだけで楽しむことが可能となっている。従来のオンラインゲームのファンだけでなく、誰でも気軽に楽しめることを目指す。

 Yahoo! JAPANのIDを持つ2400万人のユーザーは、そのままゲームを無料で楽しめる。スクウェア・エニックスは、一般ユーザー向けのオンラインゲーム事業に大きな足掛かりを築くことになる。一方、Yahoo!JAPANはゲーム開発力に定評のあるスクウェア・エニックスのゲームを導入することで、サービスの領域を広げ、顧客満足度をアップさせることが可能となる。
 ゲームの収益モデルは、基本プレーは無料としている。アバター課金などの中心となると思われる。課金方法は、Yahoo!ウォレットやYahoo!ポイント対応も可能となり、スクウェア・エニックスのこれまでのオンラインゲーム事業とは異なったビジネスモデルも盛り込まれそうだ。 
 スクウェア・エニックスとYahoo!JAPANは、2010 年5月27日よりクローズドβテストを開始、初夏にはオープンβテスト、正式サービスのスタートを予定する。新たな強者連合の出現は、カジュアルゲームを中心に一般層の取り込みを狙ったオンラインゲーム業界にも大きな影響を与えるだろう。

 こうしたスクウェア・エニックスの動きは、スクウェア・エニックス・ホールディングスの長期的な事業戦略とも無関係でない。同社は今後の重点戦略にネットワーク化を挙げる。しかし、同社のネットワークビジネスを含むモバイル・コンテンツ事業は、売上高は前期101億7100万円、前期比で6.9%の減少である。ゼ全事業に占める売上げシェアも、成長性もこれまではさほど大きくない。
 そうしたなかスクウェア・エニックスは、ネットやモバイル、スマートフォン向けのビジネス拡大に力を入れている。既に4月に発売されたiPhone/iPod touch向け新作RPG「ケイオスリングス」が好調なスタートを切り、スマイルラボの展開する仮想コミュニティ「Nicotto Town」も若い女性を中心に成長を続けている。今回発表された「戦国IXA」も含めて、スクウェア・エニックスのネット・モバイル関連ビジネスの展開が注目される。

「戦国IXA」 公式サイト http://sengokuixa.jp/
「戦国IXA」 特設サイト http://gameinfo.yahoo.co.jp/promotion/sqex_y/

クローズドβテスト開始日: 2010年5月27日予定
オープンβテスト開始時期: 初夏予定
正式サービス開始時期: 初夏予定
料金: 未定(基本プレイ無料、Yahoo!ウォレット、Yahoo!ポイント対応)
メインビジュアル: 直良有祐
メインテーマ曲: 黒坂修平(PAX JAPONICA GROOVE)
開発: ONE-UP、スクウェア・エニックス
運営: スクウェア・エニックス
プロモーション: ヤフー、スクウェア・エニックス