藤沢に複合アニメ施設構想 湘南アニメパークが辻堂に

 神奈川県藤沢市に、アニメをテーマにした複合施設を設立する構想が浮上している。施設の名前は「湘南アニメパーク」、現在、再開発が進むJR辻堂駅前北口の大型都市開発プロジェクト「湘南C‐X」内の施設を想定している。
 湘南アニメパークは、3月25日から28日まで東京ビッグサイトで行われた東京国際アニメフェア2010でも湘南アニメパーク株式会社により出展、紹介されていた。株式会社アドコムのもと2011年の完成を目指す。

 湘南アニメパークによれば、施設はアニメーションを中心とした複合施設で、体験型アミューズメント施設、教育文化施設、物販・飲食店舗、音楽スタジオ、ラジオ局など様々な施設を盛り込む。海外からの観光客も訪れる地域振興につながる魅力あるコンテンツを充実させるとする。
 しかし、完成まで2年もないが、具体的なアニメ分野の協力企業、スタジオ、キャラクターなどの名前は挙げられていない。今後の展開を見守ることになりそうだ。

 湘南アニメパークの入居が想定されている「湘南C‐X」は都市再生機構が手がけるプロジェクトで、辻堂駅前北口24haを再開発する。複合都市として企業の本社や研究・開発センター、商業施設、公園などが計画されている。
 この計画のアミューズメントに関連する施設として、湘南アニメパークの構想が浮上しているようだ。構想の実現については、現在は未定である。

 アニメを紹介する施設は、現在、全国各地にあるが、アニメ全般を総合的に紹介するものは数が少ない。首都圏では東京・杉並の杉並アニメーションミュージアム、秋葉原の東京アニメセンターなどが主要なものだ。湘南アニメパークがもし実現すれば、首都圏南西部で、こうした施設を補完するものになるかもしれない。
 2010年になり北九州市では、小倉駅前の北九州市漫画ミュージアムの設立計画が明らかになっている。現在、アニメやマンガによる地域お越しが注目を浴びているが、今後もこうした都市再開発や地方自治体を巻き込んだアニメ・マンガ関連施設の計画はさらに増えるかもしれない。

湘南アニメパーク 公式サイト(ティザーサイト) http://shonananimepark.com/