任天堂 裸眼で見える3D映像向けの携帯ゲーム機発売

 大手ゲーム会社の任天堂は、2011年3月末まで3D映像に対応した携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」(仮称)を市場に投入することを発表した。「ニンテンドー3DS」は、2009年末までに全世界で1億2500万台を発売した「ニンテンドーDS」シリーズの後継機種となる
 現在、映画やテレビで注目を浴びている3D立体視の映像技術をいち早く、携帯ゲーム機に取り入れる。商品の詳細については、今年6月15日から米国ロサンゼルスで開催される北米最大のコンピューターゲームの見本市E3で発表の予定である。現在世界のエンタテインメント業界で最も注目される3D映像だけに大きな注目を浴びそうだ。

 3D映像のエンタテイメントでの利用は、ここ数年劇場で次第に増えている。独自の3D映像技術を売りにした『アバター』が2009年12月に劇場公開され大ヒットになったことで、一気にブームの様相を呈している。
 映画の3Dに続き、2010年にはソニーやパナソニックが3Dテレビの市場投入を開始、さらに米国や日本で3D映像に特化した専門放送局構想が発表され、その活用の場も広がっている。
 ゲーム分野でも国内外の大手ゲームソフト会社が、3D映像を取り込んだソフトの開発を表明し、ゲームでも3Dの活用が急速に広がると見られている。今回は、さらに携帯ゲーム機でも、いち早く3Dが楽しめることが明らかになった。

 3Dの導入は新型ゲーム機の需要を喚起するだけでなく、3Dゲームの普及にも一役買うことになるだろう。新型ゲーム機はこれまでのニンテンドーDSシリーズのソフトと互換性があるため、既存のユーザーの引継ぎにも力を発揮するだろう。

任天堂 http://www.nintendo.co.jp/