動画革命東京 アニメフェアで新作4作品初公開

 動画革命東京とシンクは、3月25日から開催される東京国際アニメフェア2010の会場でその最新の活動成果を披露する。ビジネスデーにあたる3月26日13時半から記者発表会を、16時半からは「動画革命東京の最新作上映と事業報告」と題したシンポジウムを行う。
 動画革命東京は、アニメーションの新しい才能の発掘とその育成、プロデュースの企業である。クリエイターの発掘を、事業として行うユニークな試みをする。可能性のあるクエリエイターにその作家のポートフォリとトなる作品の制作を受注し、その作品を核に様々なメディアでの展開を進める。シンクはこの動画革命東京の運営を行う。

 アニメフェアにイベントステージで行う記者会見では、新作プロジェクト「新マーケットに向けたアニメーションシリーズ」、「夢のコラボが実現した配信アニメーション」を上映紹介する。また、シンクのエグゼクティブプロデューサーである竹内宏彰さんが、アニメーションの新しい可能性についてプレゼンテーションを行う。当日は、特別ゲストも予定するとしており、動画革命東京とシンクの新たな動きが明らかにされる。
 およそ30分の記者発表会をより掘り下げるのが、1時間半に及ぶシンポジウムである。プロジェクトのこれまでの事業活動を報告すると同時に、今回が初公開となる最新4作品の上映を行う。さらにこれまでとは異なる全く新しいコンセプトによるアニメーション作品のプレゼンテーションも予定するとしており、注目される。

 動画革命東京は都の支援も受けていることもあり、これまでも東京都が協力する東京国際アニメフェアを作品や事業成果を披露する場所として積極的に活用してきた。
 昨年、動画革命東京の支援作品として紹介された『センコロール』は2009年夏に劇場公開をされ、多くのファンを集め話題になった。今回も新たな話題作が誕生するのか、目が離せないところだ。

動画革命東京 http://www.anime-innovation.jp/
シンク http://www.think.ne.jp/

[シンク/動画革命東京・最新作プレスカンファレンス]
日時: 2010年3月26日(金) 13時半~14時
場所: 東京ビッグサイト東1ホール 東京国際アニメフェア2010会場 イベントステージⅡ
出演: 竹内宏彰(シンクエグゼクティブプロデューサー)
ゲスト: 特別ゲストを予定

[シンポジウム:「動画革命東京」最新作上映と事業報告]
日時: 2010年3月26日(金) 16時半~18時
場所: 東京ビッグサイト会議棟6F 607・608会議室
出演: 森祐治(シンク/AIT 代表取締役社長)
竹内宏彰(シンク エグゼクティブプロデューサー)
申し込み
http://www.tokyoanime.jp/event/view_symposium.php?id=12&time_id=4