コーエーテクモ 事業領域別にグループ企業再編 

 コーエーテクモホールディングスは、コーエーとテクモのふたつのゲーム会社を中心とする現在のグループ企業を事業領域ごとに3つのグループ企業に再編することを発表した。
 3つの新会社はゲーム事業全般を担当するコーエーテクモゲームス、メディア・ライツ事業、スロット・パチンコ事業、アミューズメント施設運営事業を行うコーエーテクモウェーブ、そしてゲームソフト販売事業のコーエーテクモネットである。旧コーエー、テクモの壁を越えてゲーム事業、周辺事業、販売管理事業それぞれが独立企業となる。

 一番大きな変革は、2009年4月の合併以来、持ち株会社の子会社として存続して来たコーエーとテクモが今回本格的に解体されることだ。両社はコーエーを存続会社としてテクモを吸収合併するかたちで統合される。吸収合併後にテクモは解散する。
 そのうえで新会社はコーエーテクモゲームスに商号を変更、これとは別にゲーム開発に特化した子会社コーエーとテクモが新会社傘下の事業ブランドとして残るかたちだ。経営としては一体化し、企業合併による効率化、シナジー効果が目指される。新会社の事業領域は、ゲーム事業、オンライン・モバイル事業、パブリシャー業務、攻略本出版事業、そしてゲーム開発事業である。

 両社の融合の一方で、両社の幾つかの業務は別の会社に移管される。まず、子会社管理事業の一部は両社から持ち株会社のコーエーテクモホールディングスに移される。
 またコーエーの持つメディア事業、ライツ事業、スロット・パチンコ事業とテクモの持つライツ事業、スロット・パチンコ事業は事業分割され、テクモウェーブが引き継ぐ。テクモウェーブはグループの中で周辺事業・権利事業の中核会社となり、4月1日からコーエーテクモウェーブに商号を変更する。
 コーエーネットも4月1日付けで商号をコーエーテクモネットに変更する。同社の役割はゲームソフト販売の統括だが、ここでも合併会社の中核事業会社のひとつであることが明確にされる。

コーエーテクモホールディングス http://www.koeitecmo.co.jp/