ソフトバンクC 米国のマンガ配信サイトにマンガ提供開始

 ソフトバンククリエイティブとハーレクインは、米国のマンガ配信サイトemanga.comに向けてハーレクインコミックスの提供を12月4日より開始した。ハーレクインコミックスは、ハーレクインが刊行する世界的に人気の高い恋愛小説を原作としたマンガである。日本国内でマンガ化されており、今回配信される作品は新たに英語翻訳される。
 マンガ化された作品は雑誌や単行本で展開するほか、国内外での配信サービスも行っている。これらの配信事業はハーレクインとソフトバンク クリエイティブが共同で行っている。

 両社はすでに韓国のPCサイトやAmazon.comのキンドル、さらに中国と北米の携帯電話向けにハーレクインコミックスの配信を行っている。さらに今年11月には、インドの携帯電話向けのサービス開始も発表している。
 インターネットとモバイル、そして国境を越えた様々な地域、方法で、マンガの配信ビジネスを推し進める。両社は今後も海外の多くの地域に向けて、ハーレクインコミックスの配信を幅広く展開していくとする。

 今回の米国でのインターネット向け配信は、そうしたグローバルな配信戦略のひとつとなる。emanga.comを運営するデジタルマンガ(Digital Manga Publishing)は、マンガを中心に日本のポップカルチャーを広く扱う現地の有力企業だ。また、emanga.comは、米国と日本のアニメやマンガを中心に配信する登録制の会員向けサイである。そのユーザーの多くは、日本のアニメやマンガに興味を持っているという。ソフトバンク クリエイティブは、まず、ハーレクインコミックス20タイトルで配信をスタートする。
 ソフトバンククリエイティブとハーレクインは、米国でマンガビジネスに詳しいデジタルマンガを通じて、巨大な米国市場でのビジネス展開を目指す。

ソフトバンク クリエイティブ http://www.softbankcr.co.jp/
ハーレクイン http://www.harlequin.co.jp/
デジタルマンガ(Digital Manga Publishing) 
emanga.com http://www.emanga.com/