「テニミュ」のプロデューサー 井上孝史氏がワークショップ

 ミュージカル「テニスの王子様」や「ROCK MUSICAL BLEACH」を手掛けるネルケの井上孝史さんによるワークショップが開催される。東京・秋葉原にある東京ディストリビューション・オブ・コンテンツセミナー(TDCS)は、井上孝史さんを講師に招いた「ペライチで伝わる企画書の書き方」を12月19日に行う。
 独特の世界観を持ち、圧倒的なファンを持つミュージカル舞台を創り上げるプロデューサーが、企画の生み出し方、そして相手にわかりやすく、早く伝えるノウハウを伝授する。

 エンタテイメント・コンテンツ界では、マンガ、テレビアニメ、映画、ゲームソフト、音楽まで、現在そのマルチ展開は様々な分野に及ぶ。なかでも近年高い注目を浴びるのが、マンガやアニメ、ゲームを基にしたミュージカルである。
 特に最近は、主演キャストに若い男性俳優を多数配した舞台が、若い女性に熱狂的な支持を受けている。その舞台の数も増加傾向である。

 そんなムーブメントを代表するのが、2003年から始まるミュージカル「テニスの王子様」だ。「テニミュ」の愛称で全国的な人気を呼ぶこの舞台を手掛けるプロデューサーが、ネルケの井上孝史さんである。ネルケは映画やコンテンツ、イベントの企画・プロデュースを手掛ける企業、様々なエンタテイメントの企画を実現させている。
 受講者はワークショップで、その企画方法を井上孝史さんから教わる。その後、企画書を作成し、さらに発表後はその場でフィードバックが受ける。実践型のワークショップとなる。

 ワークショップは12月19日15時半から、参加費は一人3000円、二人なら「友だち割引」で5000円。定員は先着20名、TDCSのサイトから申し込む。

「ペライチで伝わる企画書の書き方」
井上孝史
http://www.tdcs.jp/

12月19日(土)15時半
参加費: 個人3000円、「友だち割」(2人で5000円)
定員: 20名(先着順)
開催場所: 秋葉原UDXビル4F TDCS
申込方法: TDCSサイト申込フォーム(http://www.tdcs.jp/event/