藤津亮太のテレビとアニメの時代 第6回 再放送が生む歴史感覚

第6回 再放送が生む歴史感覚

藤津亮太

 前回に続き’70年代の再放送を取り上げる。
 前回見た通り各局は’71~’72年にかけて、夕方にアニメ(を含む子供番組)を本格的に編成するようになってくる。そして、中でも夕方の再放送枠に力を入れているのが日本テレビとNETだった。
 本放送ではフジテレビとNETの本数が多かったが、再放送はまた状況が異なるのが興味深い。
 では’70年代に(関東圏で)再放送された作品はなんだったのか、具体的に見てみよう。
 以下、当時の新聞のテレビ欄を調べ、’70年から’79年の10年間に再放送された数をカウントし、再放送回数の多い順に並べたものだ。

 ■ ルパン三世(’71)   8回
 ■ 魔法使いサリー(’66)  6回
 ■ 魔法のマコちゃん(’70) 5回
 ■ 巨人の星(’68)  4回
 ■ 天才バカボン(’71)  4回
 ■ デビルマン(’72)  4回
 ■ ピュンピュン丸(’67)  3回
 ■ サイボーグ009(’68)  3回
 ■ サスケ(’68)  3回
 ■ カムイ外伝(’69)  3回
 ■ さるとびエッちゃん(’71) 3回
 ■ ゲゲゲの鬼太郎(’71) 3回
 ■ アパッチ野球軍(’71) 3回
 ■ ど根性ガエル(’72)  3回
 ■ バビル2世(’73)  3回
 ■ 魔女っ子メグ(’74)  3回
 ■ 宇宙戦艦ヤマト(’74)  3回
 ■ 鋼鉄ジーグ(’75)   3回

 ’70年代で区切ったために、’70年代後半の作品は当然ながらランクインしづらくなっているし、放送話数が多い作品は自動的にリピートの数が減りがちである、ということを踏まえても、再放送された作品の大まかな傾向は感じることができるだろう。
 そもそもアニメを含めた放送権を買い取る形のTV番組は、本放送の際に「●年で●回放送する」と契約が結ばれるという。再放送はそれに基づいて、行われる。この契約の期間は、三年が一つの目安となっているようで、それ以降は、また個別に契約を結ぶことになる。あるアニメが本放送と違う局で放送されるのは、この契約が切れて以降のこととなる。
 放送局が違えば、正式な意味では「再放送」とは呼ばないが、本稿ではそれも含めて「再放送」とくくっている。
 たとえば上のリストの『ど根性ガエル』だが、3回の「再放送」うち最初の1回は、放送局であるTBS。その後は、日本テレビで2回放送されており、それを合わせて3回とカウントしている。

2に続く