日本動画協会 新理事長に日本アニメーションの石川和子氏が就任

一般社団法人 日本動画協会は2016年3月31日に定例理事会を開催、新理事長として日本アニメーション株式会社の代表取締役社長である石川和子氏の就任を決議した。石川氏はこれまで副理事長を務めてきたが、この4月からは日本のアニメ業界団体の顔として活躍することになる。前理事長の内田健二氏は相談役に就任、また相談役の布川郁司氏は3月末で退任した。
また東映アニメーションの常務取締役である久保田譲氏が、新たに副理事長に選出された。トムス・エンタテインメントの吉田力雄氏も引き続き副理事長を務める。理事長に副理事長2人体制はこれまで、どおりだ。

日本動画協会は、日本のアニメ文化と産業の振興と発展を目的に2002年に設立された。アニメ業界がまとまった事業の実施、人材育成や調査、また業界の意見のとりまとめを行っている。アニメ製作会社を中心に正会員37社、準会員29社、合計66社が加盟している。