トムス 自社動画サイトにキッズ&ファミリーカテゴリー追加

 大手アニメ製作会社のトムス・エンタテインメントは、自社が運営する動画配信ポータルサイト「ムービースクエア」に、新たにキッズ、ファミリー向けアニメ作品に特化した「ちびアニchan」をスタートさせた。ムービースクエアには、これまで東京ムービーONLINE、ルパン三世THEATER、アニ見ル PREMIUMが設けられてきた。ちびアニchanは、4つ目のチャンネルとなる。
 最初の配信として11月17日より、『おはよう!スパンク』が提供されている。インターネットで配信されるのは、今回が初めてとなる。このほか東京ムービーONLINEにも、『天外魔境 自来也おぼろ変』がインターネット初配信作品として登場する。

 『おはよう!スパンク』は、雪室俊一さん、たかなししずえ作画による同名のマンガを原作に、1981年にアニメ化された。原作はもともと少女マンガだが、大人から子供まで広く愛されている。  
 一方、『天外魔境 自来也おぼろ変』は、広井王子さんの企画・原案により1989年にハドソンから発売されたPCエンジン用RPG『天外魔境 ZIRIA』からアニメ化された。監督・脚本が『美味しんぼ』の竹内啓雄さん、作画監修は大塚康生さんらが行なっている。

 ムービースクエアは、トムス・エンタテインメントのネット事業を強化するために生まれた。10月の本格スタートの際には自社作品だけでなく、他社作品の配信も行い注目を浴びている。また、インターネット初配信作品として、同社の代表作である『ベルサイユのばら』を目玉とした。
 今回のちびアニchanも、そうしたムービースクエアの強化策のひとつになるだろう。大人だけでなく、子供たちも利用されるようなサービスが目指されているのが判る。ムービースクエアの今後の展開も目が離させないところだ。

ムービースクエア http://www.moviesquare.jp/

「おはよう!スパンク」
・第1~30話:11月16日(月)配信開始
・第31~63話:2010年配信開始予定

「天外魔境 自来也おぼろ変」
・11月16日(月)配信開始

配信元: 株式会社トムス・エンタテインメント