ファンパワーで映画上映のドリパス TOHOシネマズがヤフーから事業譲渡

映画企画上映のドリパスの運営主体が、ヤフーからTOHOシネマズに変わる。2015年4月13日にドリパスとTOHOシネマズが明らかにした。
TOHOシネマズによれば4月30日付で「ドリパス」事業はヤフーから同社に譲渡される。5月1日から新たな運営者のもとで事業を開始する。事業譲渡後も、サービス名称は「ドリパス」を利用する。ドリパス会員は4月30日までに退会手続きがない限り、TOHOシネマズが引き継ぐ。

ドリパスはウェブサイト上で映画の上映企画を提示し、それに賛同するユーザーが集まれば実現する。現在、増えているクラウドファンディングに似た仕組みで、その先駆けともいえる。ファンの熱度の高い作品を中心に多くの上映会を実現している。なかでもアニメは人気コンテンツで、上映の多いジャンルになっている。

ドリパス事業は2010年にベンチャー企業のブルームが運営を開始した。その後、2013年にブルームの株式をヤフーが取得するかたちで、ヤフーが事業を引き継いだ。映像事業にも強いヤフーやGyaOとの連携を目指した。しかし今回の事業譲渡により、TOHOシネマズの映画興行事業とよりダイレクトにつながる。
TOHOシネマズは、全国65サイト604スクリーンを持つ国内有数の映画興行チェーンである。近年は東京・日本橋に大型シネコンを開業、さらに新宿、上野、日比谷などでもシネコン開業を予定している。一方でシネコン同士の競争は激化している。個性豊かな独自の上映プログラムを持つドリパスと相性はいい。TOHOシネマズは、これまでの上映のノウハウや経験とドリパスのサービスを合わせることで、上映作品や特別企画をラインナップするとしている。

ドリパス https://www.dreampass.jp/