スタジオジブリがアニメ制作休止、ポストジブリはディズニーか?/2014年10大ニュース解説(1)

1.スタジオジブリがアニメ制作を休止

2014年はある意味では、スタジオジブリイヤーであった。2014年11月にはスタジオを代表する宮崎駿監督が日本人としては2人目の米国アカデミー賞名誉賞を、かたや高畑勲監督は6月にアヌシー国際アニメーション映画祭で名誉賞を受賞している。プロデューサーの鈴木敏夫氏は、春に文化庁の芸術選奨に選ばれた。スタジオジブリの創業メンバーが、それぞれ大きな場で栄誉に輝いた。
一方でこれはスタジオジブリの創業者3人が、それぞれの長年の目標を達成したことの表れでもある。となれば、スタジオジブリの次の目標は何になるのか?それが問われるなかで、明らかにされたのが、スタジオのアニメ制作の休止である。2013年の宮崎駿監督の長編アニメ引退に続く衝撃を業界に与えた。

スタジオジブリはアニメーターなどとの契約を終了し、制作スタッフの多くがスタジオジブリの仕事を離れた。休止としているが、現状で明らかになっている新作長編映画はなく、次回の長編を期待されていた宮崎駿氏の子息でもある宮崎吾朗監督の新作はテレビシリーズで、アニメ制作はポリゴン・ピクチュアズである。
次回作があるとすれば、いつどんなかたちで作るのか明らかでない。もともと日本のアニメ制作の現場では、アニメーターや演出、脚本などを中心にアニメの企画のたびにスタッフが集まるプロジェクトごとのチームが多い。自社社員を中心に長編映画を制作するスタジオジブリは、そうしたなかで特殊なスタジオであった。
制作が再開されたとしても、今後は他のスタジオの様に作品ごとに人を集める体制に移行する可能性が高い。新しい世代が新たな目標、制作の在り方を見つけるという点も含めてのアニメ制作休止といえる。

2.「アナと雪の女王」大ヒットでディズニー絶好調

国内では2014年3月14日に公開されたディズニー・アニメーション・スタジオの『アナと雪の女王』が、当初の予想を上回るメガヒットになり日本を席巻した。興収は2014年に公開された映画のトップで260億円を超える。Blu‐rayの販売、DVDレンタル、音楽販売も好調と一大ビジネスを築きあげた。
勢いに乗るディズニーは、おとぎ話を新たな視点で描き直した7月公開の『マレフィセント』でも大ヒットを実現。さらに日本マーケットに注力している。日本のカルチャーを大胆に取り入れたアニメーション映画『ベイマックス』のワールドプレミアを、ディズニー・アニメーションでは初の海外、東京で行った。

世界の映画市場では、2014年の興行収入で米国に続く中国が日本の2倍以上で40億ドルを超える。しかし、日本は映像ソフト商品、音楽商品などが世界的に見ればいまだよく売れており、グッズ展開も活発で映画市場の裾野が広い。海外映画会社から見れば依然魅力的な巨大市場だ。
近年、ハリウッドメジャーは日本で苦戦することが多かった。しかしディズニーは、『アナ雪』ヒットをきっかけに、アニメーションを中心に今後も日本市場の攻略を積極的に進めそうだ。当面はこれまでディズニー・アニメーションの強力なライバルとして立ちはだかってきたスタジオジブリ作品がない。スタジオジブリの鑑賞客であった子どもから大人まで楽しめるエンタテインメント映画の受け皿ともなりえるだろう。
[数土直志]