アメコミの巨人ジム・リーやバンドデシネ作家のトークも 海外マンガフェスタ2014が11月23日に

海外マンガフェスタ2014が11月23日に、東京ビックサイトで開催される。米国のアメリカンコミック(アメコミ)やフランスのバンド・デシネをはじめとする海外マンガの魅力を紹介するとして2012年にスタートしたイベントが今年で3回目を迎える。
近年、国内ではアメコミやバンド・デシネの邦訳出版も増え、その関心も増している。一方で、北米、ヨーロッパ、アジアにはまだまだ優れた作家もマンガも数多い。そうした魅力をさらに紹介し、普及するイベントだ。2014年は、アンスティチュ・フランセ日本と在日米国大使館からも協力を仰ぎ、マンガを通じた文化交流を推し進める。
会場は同日に東京ビックサイトで開催されるコミティア110の中に設けられる。コミティアの入場料となるティアズマガジン1冊を1000円で購入すると入場出来る。

イベントはアーティストアレイとトークライブのふたつが大きな企画となる。アーティストアレイでは国内外のアーティストや海外マンガの関連出版社などが出展する。海外マンガが一堂に集めるので、この分野に興味のある人には便利だろう。
またアーティストや出版社の担当者にも気軽に話せる雰囲気もあるので、気軽に情報交換も出来る。普段は作品を読むだけだが、“フェスタ”の名前に相応しい場になる。

例年注目を集める海外からのトークゲストは、今年も大物アーティストが登場する。アメコミ界の巨人として知られるジム・リー氏が来日、『アイシールド21』などの村田雄介氏とトークをする。
フランスからはバンド・デシネの高名な作家ロマン・ユゴー氏、女性BD作家の第一人者ペネロープ・バジュー氏が招かれる。それぞれ松本零士氏とヤマザキマリ氏とトークライブを繰り広げる。

開催の前後の期間には、関連企画も用意された。開催前日の11月22日には東京・秋葉原にて「アメコミnight ジム・リーSPECIAL in コトブキヤ秋葉原館」が行われる。ジム・リー氏を招いたライブペインティングとトークショー、サイン会を予定している。
また11月24日には明治大学中野キャンパスでジム・リー氏を講師に特別講義「ジム・リーの奇跡」が設けられている。こちらはアーティストとしてだけでなく、イメージコミックスの設立者として経験からコミックスビジネスについても講義するという。アーティストから始まり、自らの仲間と出版社イメージコミックスを設立、さらにそれをDCコミックと合併させたジム・リー氏の経験は、アメコミの幅広い知識を求める人に最適だ。入場は無料、予約も不要のため気軽に足を向けられる。

海外マンガフェスタ
http://kaigaimangafesta.com/
主催:海外マンガフェスタ実行委員会
協力:アンスティチュ・フランセ日本、在日米国大使館
日時:2014年11月23日 11:00~16:00
場所:東京ビッグサイト東京国際展示場

「アメコミnight ジム・リーSPECIAL in コトブキヤ秋葉原館」
http://www.kotobukiya.co.jp/event/event-27648/

特別講義「ジム・リーの奇跡」(明治大学)
http://www.meiji.ac.jp/ggjs/info/event2014_2.html