京都精華大学が学生作品をネットで発表・販売 ピクシブ運営「BOOTH」でスタート

マンガやアニメーション、デザイン、芸術、ポップカルチャーまで、幅広いアーツ教育を行う京都精華大学が、学生の創作物をネットを通じて発表、販売する試みをスタートした。9月30日より、ネットショップ作成サービスBOOTHに学校専用サイトをオープンした。
このサービスは在学生を対象にしたものである。サービスには学生たちが自分の創作物を発表、販売できるポートフォリオ機能が備わっている。さらにサイトを通じて企業や個人からの仕事の依頼も受け付ける。学生の創作と社会を結ぶ役割を持っている。

BOOTHはイラスト投稿・共有コミュニティのpixivと連携したサービスである。自分だけのネットショップを開設し、商品のプロモーションを行うことができる。今回の京都精華大学はこの仕組みを学校専用サイトとした。
現時点ではデザイン学部デジタルクリエイションコースを中心に約50名の学生が参加しており、ポストカードや壁紙などの販売や無料ダウンロードを行っている。今後も作品を随時掲載していく方針だ。

この取り組みにより「作品をたくさんの人に見てもらう機会がない」「ポートフォリオサイトをつくりたいけど難しそう」といった学生たちが抱える課題を解決することを目指す。学生の作品が企業や学外の目により多く触れ、さまざまな評価を受けることで、クリエイターとして独立する際や就職活動にも役立つ経験を積むことが可能となる。
また作品の販売だけでなく、企業や個人からの仕事のオファーもBOOTHから受け付ける。
[高橋克則]

BOOTH 京都精華大学専用サイト
https://booth.pm/schools/kyoto-seika