若手アニメーション作家支援プロジェクト「HAG」 最終選考実施

イオンエンターテイメントとロボットは、若手アニメーション作家支援プロジェクト「HAG」の最終候補者8名を発表した。8月7日13時30分より、横浜赤レンガ倉庫にて最終選考プレゼンテーションを実施する。
「HAG(ハンドメイド・アニメーション・グランプリ)」は、ビジネス化の機会に乏しい日本のショートアニメーション界の現状を踏まえ、2013年12月に発足した。オリジナルショートアニメーション作品の企画を募集して行うコンテストである。

審査員は映画監督の本広克行さん、アニメーションディレクターの伊藤有壱さん、映像クリエイター/ディレクターのYKBXさん、横浜市文化観光局長の中山こずゑさんである。本広さんは『踊る大捜査線』や『PSYCHO-PASS サイコパス』など、伊藤さんは『ニャッキ!』や『HARBOR TALE』など、YKBXさんはamazarashiのミュージックビデオなどで知られている。

最終候補者8名は、映画館にまつわるショートストーリー部門とマナーCM部門の中から、それぞれ4名が選出されている。受賞者には、最大300万円の制作費を贈呈する。
ただし、この企画が目指すのは、顕彰で終わらないことである。完成作を各地のイオンシネマで上映し、作品の制作・発表とビジネス化の機会を提供するのが主な目的だ。イオンエンターテイメントによるアニメーション分野の支援拡大、さらにビジネス進出も視野にいれていそうだ。
[真狩祐志]

若手アニメーション作家支援プロジェクト「HAG」
http://www.aeoncinema.com/handmade/

[映画館にまつわるショートストーリー部門]
古山俊輔、宮嶋龍太郎、若井麻奈美、松浦直紀

[マナーCM部門]
奥田昌輝、澤井邦男、鈴木剛、なぽちかはるこ