「進撃の巨人」米国コミックランキングで再浮上 5月、6月で再トップ

諫山創氏のマンガ『進撃の巨人』の英訳版が、再び米国で勢いを増している。米国のポップカルチャー業界情報のICv2によれば、6月のBookScanをもとにしたコミック売上ランキングで『進撃の巨人』第1巻と第2巻が1位、2位を占めた。
マーベルコミックスの大辞典『MARVEL ENCYCLOPEDIA』や『ウォーキング・デッド』第20巻、『バットマン』、『X-MEN』、また『NARUTO』や『ONE PIECE』などの人気作を上回った。さらに『進撃の巨人』英訳版は、5位に最新12巻、6位3巻、9位9巻、13位4巻、14位10巻、18位11巻とベスト20に8冊がランクインし、ランキングを席巻している。

『進撃の巨人』のマンガの人気は、テレビアニメのインターネット配信開始や刊行ペースのアップで勢いをつけ、2013年10月にBookScanで初めてトップとなった。しかし、インターネットで新作エピソードの配信の終了と共に、一旦はその勢いは収まっていた。
それが、5月のランキングで最新刊12巻が再び1位となった。これに続き6月のランキングでは第1巻と第2巻が1位と2位になった。6月の特徴は最新刊でなく、再び作品の導入部が売れていることだ。新規読者が急増していることがわかる。

旧巻の再浮上は5月から大手アニメーションチャンネルであるカートゥーンネットワークのアダルトスイムで、アニメ吹替版のテレビ放送が始まったことが影響していそうだ。週末土曜日の23時半からという視聴しやすい放送時間から、これまで以外のターゲットに到達した。新たなファンを獲得し、それがマンガの購読につながったと見られる。『進撃の巨人』のムーブメントはいま暫く続きそうだ。
『進撃の巨人』以外の日本作品では、『NARUTO』、『ONE PIECE』、『美少女戦士セラームーン』のなど、馴染みの大型作品が強い。このほか新作として19位に『ソードアート・オンライン アインクラッド』がランキングされている。『ソードアート・オンライン』も、テレビアニメの英語吹替え版が2013年よりアダルトスイムで放送されている。
インターネット配信の普及で、米国の日本アニメのビジネスでテレビ放送の影響力は低下しているとされている。しかし、マンガの売り上げ動向からは、新規ファンの獲得の点では大手局での放送がいまだ無視できない力を持っていることを感じさせる。

ICv2 http://www.icv2.com/articles/markets/29104.html