ビデオリサーチがタイムシフト視聴データ公開、アニメはキッズ作品

視聴率調査などのメディアリサーチ事業を手掛けるビデオリサーチは、新たにテレビの録画番組の再生視聴の動向のデータを提供する。これに先立ち集計したタイムシフト視聴のデータの一部公開をした。同社がこれまで行っている視聴率調査とは別個の調査となる。
近年、テレビ視聴が多様化するなかで、単純な視聴率だけでは実際の視聴実態が計れないと言われることが増えている。ビデオリサーチが、こうした新たな流れに対応するかたちだ。

ビデオリサーチは、今回の調査は近年のテレビ視聴動向の変化を捉え、番組の視聴実態を把握するためとしている。同社はこれまでに測定技術開発や集計方法などの研究し、2013年10月より実際にタイムシフト調査を行っている。今回はこの調査データの一部を公開する。
今後は2015年を目途に、本格的なデータ提供を目指す。視聴率調査大手のタイムシフト情報提供開始は、テレビ業界にも影響を与えそうだ。

今回発表されたのは、2014年4月から6月の期間(第2四半期)のタイムシフト視聴ランキングである。2014年3月31日から6月29日でのタイムシフト視聴が多い番組一覧にした。
関東地区における地上波民放5局とNHK総合で放送された、放送分数が15分以上の番組を対象にする。放送日当日と翌日から7日以内に番組再生された率の高い番組を上位から掲載している。

1位となったのは、テレビドラマ『日曜劇場・ルーズヴェルト・ゲーム』、2位には『笑っていいとも!』の最終回と、話題の番組が集計に表れた。また、木曜ドラマ劇場や金曜ドラマなどの番組などドラマ作品が上位に多く入っている。一方、スポーツやニュースなどは高視聴率であっても、ここにはあまり挙がらない。
アニメ番組もトップ50まで多くの作品がランキングされている。16位に『ワンピース』、21位に『ドラゴンボール改』、23位に『妖怪ウォッチ』、26位に『ドラえもん』といった具合だ。劇場アニメが、28位の『新作映画公開直前SP・映画クレヨンしんちゃんバカうまっ!B級グルメサバイバル!!』が最高であった。
深夜アニメのタイムシフトも注目されるが、上位50に入ったのは、31位の『鬼灯の冷徹』(最終回)だけであぅた。このほかトップ50には、『それいけ!アンパンマン』(36位)、『HUNTER×HUNTER』(38位)、『名探偵コナン』(43位)、『クレヨンしんちゃん』(45位)、『ハイキュー!!』(48位)が入っている。キッズ・ファミリー作品が強さを発揮している。

ビデオリサーチ
http://www.videor.co.jp/