バンダイナムコHD、キャラ別売上800億円超のガンダム好調 映像音楽事業は売上げ371億円

バンダイナムコホールディングスの平成26年3月期決算が5月8日に発表された。連結売上高は前年比4.2%増で5076億7900万円となった。バンダイとナムコの経営統合で新会社が誕生して以来、初の5000億円超えである。名実共に売上げ5000億円企業となる。国内外の玩具、ゲーム、エンタテイメント業界でもさらに存在感を増しそうだ。
営業利益は446億7200万円(8.2%減)、経常利益は474億5600万円(5.0%減)となる。前年比で微減となった。一方、当期純利益は250億5400万円で22.6%減であった。これはアミューズメント施設事業で店舗閉鎖や使用見込みの低い機器の処分などで特別損失を計上したためである。

事業別では、引き続きゲーム、映像、音楽、ネットワークのコンテンツ事業が堅調だ。売上高は2784億800万円(5.6%増)、セグメント利益は372億4800万円(2.2%増)と高水準を維持した。
このうち業務用ゲーム機が770億円(前期718億円)、家庭用ゲームソフト849億円(同844億円)、ネットワークコンテンツ684億円(同592億円)、映像音楽371億円(同385億円)である。ネットワークコンテンツの成長に売上げ拡大が支えられたことが判る。

バンダイナムコHDは平成26年3月期第3四半期までは、コンテンツ事業の主要カテゴリーを「業務用ゲーム機」「家庭用ゲームソフト」「その他」としていた。しかし、今回から「その他」を、「ネットワークコンテンツ」と「映像ソフト」に分割し4カテゴリーとしている。これもネットワークコンテンツが業務用ゲーム機、家庭用ゲームソフトに並ぶカテゴリーに成長した結果と言えそうだ。
そのネットワークコンテンツでは、「ワンピースグランドコレクション」や「機動戦士ガンダム」シリーズ、「アイドルマスター」シリーズなどのソーシャルゲーム、「機動戦士ガンダム」シリーズのスマートフォン向けアプリやオンラインゲームが業績に貢献した。

一方、映像ソフトが個別カテゴリーとなったことで、これまで業績が判り難かったアニメーション事業の売上げも掴める。バンダイナムコHDの映像音楽事業は、映像パッケージのバンダイビジュアル、アニメ製作のサンライズ、音楽ソフトのランティス、映像配信のバンダイチャンネルなどで構成されている。そのコンテンツの大半はアニメ関連である。
平成26年3月期の売上高は371億円(4%減)である。好調だった作品として『宇宙戦艦ヤマト2199』、『ラブライブ!』、『ガールズ&パンツァー』などを挙げている。また、アニメ関連の音楽タイトルも好調だった。

トイホビー事業は売上高1863億9000円(前期比7.8%増)、セグメント利益は105億1000万円(6.6%減)である。戦隊シリーズ、仮面ライダーシリーズ、プリキュアシリーズなどの定番のほか、女児向けの『アイカツ!』が急成長した。海外では『パワーレンジャー』が復調傾向にある。
アミューズメント施設事業は売上高581億9900万円(3.3%減)、セグメント損失が8億700万円と赤字だった。既存店売上が不調だった。

バンダイナムコHDは、グループ全体のキャラクタ―別の売上高も公表している。最も売上げが大きいのは機動戦士ガンダムで802億円で、前期の652億円、前々期の447億円から急拡大している。トイホビーに限ると184億円で前年の165億円から減っており、ゲームやネットワークでのガンダムの展開が大きな役割を果たしたとみられる。
また仮面ライダーが307億円(前期340億円)、ワンピース268億円(同339億円)スーパー戦隊253億円(同208億円)が続く。新タイトルでは『アイカツ!』が前期の18億円から159億円までに一挙に拡大したのが大きなトピックスだ。またトイホビー事業で、今回初めて売上高14億円と公表された『妖怪ウォッチ』が2014年以降、注目される。