「ロボットガールズZ」が中国展開 第1弾はモバイルゲームの共同開発・運営

アニメ『ロボットガールズZ』のモバイルゲームが、中国で共同開発され運営されることになった。このプロジェクトのために、東映アニメーションとアクセスブライトが業務提携を行った。
アクセスブライトは日本のモバイルゲームなどのコンテンツの中国展開を支援してきた。東映アニメーションは、『ロボットガールズZ』のキャラクターの開発、アニメ制作をしている。両社が協力することで、キャラクターの認知度アップ、ビジネス展開を目指す。

『ロボットガールズZ』を題材にしたモバイルゲームは、スマートフォンやタブレットなどに向けたアクションRPGゲームになる。2014年秋に中国、さらに他地域でもリリースを予定する。
ゲームの開発と運営は、アクセスブライトが担当する。アクセスブライトはこれまでに、中国大手メディアSMGや大手通信キャリア中国聯通との業務提携により、中国国内のゲームの運営で強力な地位を築いており、これを活用する。

中国ではモバイルゲーム市場のユーザー数が2013年9月期時点で3億4700万人を超え、今後はさらなる成長が予想されている。一方、中国では日本のアニメの人気が高い。日本アニメの活用で多くのユーザーを惹きつけるゲームは訴求力がある。
東映アニメーションは『ドラゴンボール』や『ワンピース』など海外でも人気のアニメを多数製作し、権利を保有している。こうした強みを成長市場で発揮出来る。
東映アニメーションでは、本作の中国での大手サイトによる正規版配信も視野にいれる。今後も中国ビジネス拡大を目指す。