マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル 観客賞・短編部門に「モンパルナスのキキ」

ユニフランス・フィルムズ主催のオンライン映画祭、第4回マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルが受賞作品を発表した。各賞のうち観客賞の短編には、アメリー・エロー監督のアニメーション作品『モンパルナスのキキ』が選ばれた。
『モンパルナスのキキ』は、実在したフランス人女性をモデルとしている。モンパルナスのナイトクラブ ル・ジョッケーで歌手や女優として活躍するアリス・プランを描いた。
フランスらしいくせのあるイラストレーションが動き出すかのような映像が魅力だ。長さはおよそ14分半である。

このほか審査員賞にエドゥアール・ドリュック監督の『ハッピー・ウェディング・イン・メンドーサ』、観客賞の長編にサミュエル・コラルディー監督の『リトル・ライオン 明日へのゴール』などが選ばれている。
各受賞作品はエールフランスなど、約10の航空会社の旅客機の機内プログラムに上映作品として提供される予定になっている。オンラインから機内上映と様々なウィンドウを活用し、フランス映画の魅力を広げる企画となっている。

マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルは、フランス映画をオンラインで紹介するイベントとして始められた。多くが日本未公開作品である。
オンライン上のため会場は世界中に及ぶ。視聴者は205ヶ国、今回は400万回の視聴を記録した。前回の75万回より飛躍的に観客を増やしている。
このうち10万人あまりがアカウントを作成、視聴回数は約23万回と20%アップした。さらに有料作品の視聴回数も前年の3万8千回から4万6千回に増えている。大きな成果が得られた。
[真狩祐志]

マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル
http://www.myfrenchfilmfestival.com/