京都にてマンガ・アニメ活用商談会 P.A.WORKSがセミナーで版権ビジネス、タイアップ紹介

(c)森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族」製作委員会
(c)森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族」製作委員会

1月31日に京都商工会議所にて、マンガ・アニメ活用商談会セミナーが開催される。セミナーは京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトの一環である。京都での新しいビジネスの試みを支援している。
商談会では京都市と京都府の事業者を対象に、コンテンツを活用したビジネスについて紹介する。マンガ・アニメの人気作品とタイアップした京都オリジナル商品の開発提案などを行う。

当日は、アニメ製作スタジオのP.A.WORKSが講師となりセミナーを開催する。同社は富山県にスタジオを構えることで知られるスタジオだ。作品のクオリティの高さで定評がある。
同時に作中に実在の地域を積極的に取り入れることでも知られている。『true tears』では地元・富山、『花咲くいろは』で隣県の石川など、北陸を舞台に作品を制作した。現在は放送中の『凪のあすから』を制作中だ。

今回のセミナーでは、商品化に向けて必要となるマンガ・アニメの版権(著作権)の仕組みを説明する。また過去の全国マンガ・アニメのタイアップ商品の事例紹介、京都限定商品開発に係るアニメキャラクターの版権の提案もする。
P.A.WORKSは、2013年に京都を舞台とした『有頂天家族』を制作している。既にコラボレーションの例もあり、京都とも縁がある。

これまで京都の企業によるコラボレーション商品には、『魔法少女まどか☆マギカ』や『ちはやふる』、『薄桜鬼』などが多数ある。こうした取り組みは広がりつつある。
主催者は、今回のセミナーを今後の取り組みにつなげることを目指す。セミナーは16時から18時まで、参加は無料で、定員は50名となっている。申し込みは、京都国際マンガ・アニメフェア公式サイトからになる。
締め切りは1月28日17時になる。商品化が実現すると、これまでと同様、京都国際マンガ・アニメフェアにおけるPRも可能となる。
[真狩祐志]

第1回「マンガ・アニメ活用商談会セミナー2014」の開催~人気作品とタイアップした京都オリジナル商品の開発を提案!~
http://kyomaf.jp/news/20140116-2231
日時: 2014年1月31日(金) 16時~18時
会場: 京都商工会議所2階 教室

参加料: 無料
定員: 50名
主催: 京都市,京都府,(公財)京都産業21
共催: 京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会,KYOTO CMEX実行委員会、京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト推進協議会
協力: 京都商工会議所
*詳細は上記サイトで確認ください。