創通、第1四半期は増収増益 ライツ事業の好調が支える 

アニメ企画・製作の創通は、1月8日に平成26年8月期の第1四半期(25年9月~11月)の決算を発表した。
連結売上高は52億2600万円(前年同期比3.1%増)、営業利益8億8300万円(同6.1%増)、経常利益9億1200万円(同7.8%増)、四半期純利益5億4300万円(同12.0%増)の小幅での増収増益となる。引き続き業績拡大を維持している。

ただし、部門ごとではメディア事業が売上高36億3100万円(同6.9%減)、営業利益が1億9300万円(同37.4%減)と減収減益だ。とりわけ利益面での落ち込みが大きいが、これは大型プロジェクトの利益率が前年同期より低下しているためとしている。一方で番組プロデュース、「ガンダム」シリーズのゲームと遊技機の広告・プロモーションは計画通り推移した。
期間中手がけた作品は、継続作品は『それいけ!アンパンマン』、『カードファイト!!ヴァンガード リンクジョーカー編』、『ジュエルペット ハッピネス』などである。また新規作品は『ガンダムビルドファイターズ』、『ダイヤのA』、『凪のあすから』、『蒼き鋼のアルペジオ-ARS NOVA-』である。ヒット作、話題作が揃っており、ライツなど今後のビジネス展開につながりそうだ。

そのライツ事業は大幅増収増益を実現している。売上高は15億4300万円(前年同期比47.6%増)、営業利益は7億1700万円(同31.4%増)である。核となる「ガンダム」シリーズが依然好調を続けている。
「ガンダム」シリーズ以外も好調で、前年同期を上回った。積極的なコンテンツ投資の効果が表れている。好調な作品として「這いよれ!ニャル子さん」シリーズ、『スーパーロボット大戦OG』、『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』が挙げられた。

創通
http://www.sotsu-co.jp/