「アニメビジネス・パートナーズフォーラム」第3期1月スタート 海外展開や地域振興など

アニメ・キャラクター産業と異業種コラボにより新ビジネスを創出する「アニメビジネス・パートナーズフォーラム」が、この1月より第3期のプログラムを開始する。「進めよう!日本のアニメと共に、海外展開、新ビジネス、地域振興。」をテーマに、セミナーやビジネスマッチングを開催する。
「アニメビジネス・パートナーズフォーラム」は、昨年より開始され1周年を迎えた。アニメビジネスを関連業界に広げるものとして、好評を博している。

第3期は、1月10日から4月まで、合計19回程度のセミナー開催を予定している。より明確なマーケット&ターゲットに向けて、「アニメビジネスとは」、「海外展開」、「新しい二次利用」、「地域振興」などの切り口でアニメ活用方法を提案する。
1月10日に「アニメ産業レポートから」(日本動画協会 他)からスタートし、15日「日本の海外戦略とアニメ」(慶應大学、アニプレックス、経産省)や29日「インドに輝く巨人の星『スーラジザ・ライジングスター』の展開」(トムス、講談社)など興味深いテーマが多い。

参加には、第3期アニメビジネス・パートナーズフォーラムの会員となる必要がある。全プログラムを通して法人会員1口9万円、個人会員1口4万円となっている。多彩な活用事例から、ビジネスのヒントを見出すきっかけにもなるかもしれない。
[真狩祐志]

アニメビジネス・パートナーズフォーラム
http://abpf.jp/

開催期間: 平成26年1月10日から4月まで 合計19回程度の開催
(1月10日(金)以外は毎週水曜16:00~18:30)
会場: 日本動画協会会議室 ジェトロ会議室他
参加費: 全プログラム通しての参加費=一般会員会費
【法人会員】1口9万円 【個人会員】1口4万円

主なプログラム
1月10日 「アニメ産業レポートから」(日本動画協会 他)
1月15日 「日本の海外戦略とアニメ」(慶應大学、アニプレックス、経産省)
1月22日 「キャラクターによる商品化とアニメの海外展開」(クリプトン、ソニーCP)
1月29日 「インドに輝く巨人の星『スーラジザ・ライジングスター』の展開」(トムス、講談社)
2月12日 「『ちびまる子ちゃん』の中国展開」(日本アニメ、レッグス)
2月19日 「アニメの同日配信から、マンガとの同時配信への展開」(クランチロール 他)
2月26日 「日本の権利者共同事業『DAISUKI』の展開」(DAISUKI)
3月12日 「タツノコアニメの地域展開、熊本県『くまモン』の展開」(タツノコプロ、熊本県)
3月19日 「劇場版アニメ『キャプテンハーロック』海外配給展開」(東映アニメーション)
3月22日・23日
「『アニ飯屋』事業計画発表」(日本動画協会)
埼玉県『アニ玉祭』、京都市『京まふ』等の展開」(埼玉県、京都市)
3月26日 「特撮ヒーローキャラクター『ビマ・サトリア・ガルーダ』の展開」(伊藤忠)
4月は9日 「アニメ・ミュージカル等のライブビジネス展開」(ネルケ 他)
4月16日 「欧州・フランスのマンガ・アニメ市場」(One Bridge)
4月23日 「Tokyo Otaku ModeのEC販売展開」(TOKYO OTAKU MODE)