トムス・エンタテインメントがコミケに初出展 グッズ販売やプロモーション

アニメ製作の大手トムス・エンタテインメントが、2013年12月29日から31日までの3日間、東京ビッグサイトで開催されているコミックマーケット85の企業ブースに出展している。『名探偵コナン』や『ルパン三世』など数々の人気アニメを送り出すトムスだが、実はコミケ85が初の企業出展となる。
これまでトムスはキッズ・ファミリー向けの作品を手がけることが多かった。また、自社が制作した作品は、製作委員会の他の企業がプロモーションや商品展開を手がけるケースが多い。このためティーン世代より高い世代の来場が多いコミケに出展する機会がなかったとみられる。

一方、トムスの作品は、近年多様な方向に広がり始めている。同時に、ひとつの作品が、様々な世代に受けいれられることもしばしばだ。そこでコミケに出展することで、こうした多様化やそのニーズに応えることを目指すとみられる。
コミケ85では、すでにウォルト・ディズニー・ジャパンが『エンダーのゲーム』で初出展することも話題を呼んでいる。コミケはもともと同人誌の各ジャンル、そして各社企業ブースとその幅の広さが特徴だが、2013年にはそれがさらに拡大しているようだ。

トムスがブースで紹介する主要作品は3つ。現在、テレビアニメ放送が好評の『弱虫ペダル』、そして2014年1月よりテレビアニメの放送を開始する『Z/X IGNITION』と『とある飛空士への恋歌』をアピールする。またブースでは、3作品のイベント限定商品や先行アイテムをはじめ各種グッズを販売する。