ROBOTとイオンが若手アニメーション作家支援プロジェクト ストーリーボード企画コンペ

映像制作のROBOTと国内最大級のシネマコンプレックスチェーンのイオンエンターテインメントが、若手アニメーション作家の支援に乗り出す。両社は協力して、新たなプロジェクトHAGをスタートする。
ROBOTとイオンエンターテインメントは、12月20日、この日オープンしたばかりのイオンモール幕張新都心のイオンシネマでこれを発表した。イオングループの旗艦店オープンと合せた発表は、本プロジェクトにかける両社の意気込みの大きさを示していそうだ。

プロジェクト名のHAGは、ハンドメイドアニメーショングランプリの略である。このタイトルからは、手作り感の溢れる作家性の高いアニメーションの支援を目指していることが分かる。
イオンエンターテインメントは、イオンシネマで国内最大の629スクリーンを保有する。ROBOTは『ALWAYS 三丁目の夕日』や『SPACE BATTLESHIP ヤマト』の実写映画の制作などで知られるが、『friends もののけ島のナキ』、そしてアカデミー賞で受賞した『つみきのいえ』などのアニメーション制作も有名だ。
HAGでは、この両社の持ち味を活かす。アニメーション文化の発展と、それを担う若い才能を育成・支援を目指す。

HAGでは従来の映画祭やコンテストと異なるプロセスも注目される。審査の対象は「マナーCM」と「映画館にまつわるショートストーリー」のストーリーボードだ。応募者は、まず、5月31日までにストーリーボードを提出する。8月に1次審査を通過したストーリーボードの公開プレゼンテーションを行う。
この中から選ばれたストーリーボードに対し、9月から実際に作品制作の発注がされる。12月にはこの発表イベントを開催、さらに2015年1月1日から劇場上映を予定している。
単なる作品募集ではなく、作品を制作する過程に重きを置いているのが分かるだろう。HAGが企画された経緯はYouTubeでも公開されている。

12月20日は、イオンモール幕張新都心のイオンシネマではHA」の説明会を兼ねたトークセッションが行われた。トークセッションには、女優の篠原ともえさん、アニメーション作家の加藤久仁生さんと姫田真武さんが参加していた。

若手アニメーション作家支援プロジェクト「HAG」
http://www.aeoncinema.com/handmade/