「風立ちぬ」オンライン映画批評家協会賞、シカゴ批評家協会賞受賞

宮崎駿監督の最後の長編映画『風立ちぬ』の米国の映画賞レースの快進撃がさらに続いている。12月16日に発表されたオンライン映画批評家協会賞で新たに最優秀アニメーション映画賞に輝いた。さらにシカゴ映画批評家協会でも、最優秀アニメーション映画賞に輝いた。シカゴでは『風立ちぬ』はまだ上映されていないだけに驚きの結果だ。
最優秀賞では、ニューヨーク映画批評家協会、ナショナル・ボード・オブ・レビュー、ボストン映画批評家協会、サンディエゴ映画批評家協会に続くものだ。放送映画批評家協会賞で、最優秀アニメーション映画部門のノミネート5作品に選ばれており、今後の活躍に期待がかかる。

放送映画批評家協会賞のアニメーション部門は1998年にスタート、米国の長編アニメーション映画賞では比較的歴史が古い。しかし、これまではハリウッドのメジャースタジオの大作映画の受賞が続いている。ハリウッドスタジオ以外の作品の最優秀賞は、2002年の『千と千尋の神隠し』のみだ。
今回のノミネートも、『風立ちぬ』以外は『クルードさんちのはじめての冒険』、『怪盗グルー』、『アナと雪の女王』、『モンスターズ・ユニバーシティ』とハリウッド映画ばかりである。宮崎駿監督の二度目の快挙が実現するか注目される。

さらにすでに7作品が候補に挙がっているアニー賞の最優秀長編アニメーション賞、今後ノミネートが発表される米国アカデミー賞の行方が気になるところだ。

『風立ちぬ』
http://kazetachinu.jp/