「サンタ・カンパニー」Kickstarterで資金調達も好調 目標5万ドル突破

28004アニメ映画『サンタ・カンパニー』の資金調達が、クラウドファンディングサイトのKickstarterにて行われている。本作は、糸曽賢志氏が企画・総監督・プロデューサーで進めるプロジェクトだ。
目標金額の50000ドルに対して、現在の支援者は510人以上、目標5万ドルも突破、反応は好調だ。残り11日でさらに積み増しそうだ。

目標金額には、英語やフランス語の字幕版DVDおよびブルーレイの制作費も含まれている。目標金額の5万ドル超えで、さらに作品のクオリティを高める。また、対応言語を増やすことを目指す。
Kickstarterは、米国のクラウドファンディングの大手サイトだ。これまえでにも本のアニメでは、湯浅政明監督の『キックハート』、トリガーの『リトルウィッチアカデミア』、吉浦康裕監督の『イヴの時間』などの成功例が続いている。日本のアニメ作品との相性も悪くない。

糸曽さんは、これまで実写やアニメなどの映像の演出・制作を行ってきた。実写では『セイキロスさんとわたし』など、アニメでは『コルボッコロ』などの監督を務めている。また今敏監督の『夢みる機械』の演出としても参加していた。
『セイキロスさんとわたし』や『コルボッコロ』は、糸曽さんの自身のオリジナル企画として制作した。今回の『サンタ・カンパニー』でも、制作費用を全て個人負担とした。クラウドファンディングサイトで資金募集もそうした一環だ。日本での商業アニメの制作の新たなあり方を探っている。

『サンタ・カンパニー』は、サンタクロースはサンタ部、プレゼント部、トナカイ部の3つの部署からなる大手企業という設定のエンタテインメント作品である。1年に1度、3つの部署が共同してクリスマスイブを執り行うというところから物語が始まる。
制作は監督にかまくらゆみさん、福島直浩さんらが脚本、キャラクター原案が左さんが参加する。キャストも一部が発表されている。トーマス役を釘宮理恵さん、ペドロ役を櫻井孝宏さんが務める。主人公のノエルのほか、ベル、ミントは今後の発表だ。

Santa Company by KENJI STUDIO / TAG international
http://www.kickstarter.com/projects/itoso-tag/santa-company
『サンタ・カンパニー』
http://www.santa-company.net/