「ONE PIECE」、ニューヨーク・タイムズと中国時報に全面広告 3億冊突破記念

266542013年11月1日発売の単行本第72巻にて、累計発行部数が空前の3億冊を突破した『ONE PIECE』(著:尾田栄一郎)の記念企画が続いている。その記念企画が、海外、米国と台湾に飛び出し世界から注目を浴びた。
海外でのイベントは、11月1日から始まった“ニッポン縦断! OPJ47 クルーズ”キャンペーンがの一環である。これは全国 47 都道府県の主要新聞を『ONE PIECE』のキャラクターが全面広告でジャックするというものだった。作品に登場するキャラクターたちが、それぞれの地域の名産や名所とコラボレーションして登場し、各地を賑わせた。

“ニッポン縦断! OPJ47 クルーズ”は、11月20日の大分県(大分合同新聞)、宮崎県(宮崎日日新聞)、鹿児島県(南日本新聞)、沖縄県(琉球新報)にて47都道府県を終了した。一方で、ファンの間では、数多くのキャラクターが姿を見せながら、主人公のルフィのみ姿を見せないことが憶測を呼んでいた。
このタイミングで、11月21日にルフィが国境を越えて、米国を代表する新聞紙ニューヨーク・タイムズ(The New York Times)に登場した。日本と同じ全面広告で、大きくポーズを取ったルフィと「ONE PIECE × USA」とのタイトル、背景には「HEY 世界,THIS IS THE MANGA」の文字で『ONE PIECE』と日本のマンガをアピールする。イラストは原作者・尾田栄一郎さんがフルカラーでこのために描き下ろした。
ニューヨーク・タイムズはそのクオリティ、知名度から、誰もが認める米国トップ新聞紙である。『ONE PIECE』の知名度をさらに高めそうだ。

そして、11月22日朝には、さらにもうひとつのサプライズが登場した。今度は再び海を越えた台湾である。大手新聞・中国時報にも同じルフィが姿を見せた。こちらは「ONE PIECE × 台湾」のタイトル、キャッチコピーはニューヨーク・タイムズと同じ「HEY 世界,THIS IS THE MANGA」である。
さらに「ONE PIECE展台湾」の開催決定の告知が台湾のファンを喜ばせた。日本に勝るとも劣らない台湾での『ONE PIECE』人気だが、マンガ、アニメだけでなく、近年盛り上がるキャラクターイベントもいよいよ海外に本格的に進出する。作品の人気と併せて、こうしたビジネスの展開も、今後気になる作品だ。

『ONE PIECE』3億冊突破記念キャンペーンスペシャルサイト
http://www.shonenjump.com/j/3oku/