アプリックスが「ポラリスCOMICS」10月創刊、ウェブから女性向け作品単行本化

ウェブマンガサイト“COMICポラリス”が、単行本の発刊に乗りだす。10月15日に、女子向けのマンガレーベル「ポラリスCOMICS」がスタートする。
公式サイトで連載中の作品を順次単行本化、レーベル第1弾として5作品が刊行予定だ。10月以降も毎月発売、書店などでCOMICポラリスの人気作品が入手可能になる。

「ポラリスCOMICS」は、2012年秋にスタートしたウェブマンガサイトだ。アニメやマンガ、ゲームなども手掛けるアプリックスが手がける。今度はウェブで好評を博しているタイトルを単行本として、送り出す。
従来の女性向けマンガや少女マンガ、レディースコミックとは違った「マンガとして読み応えのある作品」を目指している。「男子が読んでも面白いマンガ」として現在、老若男女の区別無く幅広い読者層に届ける。アプリックスでは、すでに「COMIC メテオ」から人気マンガ『ブレイクブレイド』(吉永裕ノ介)なども発刊している。「ポラリスCOMICS」で、ウェブ発のマンガタイトルのさらなる充実を目指す。

10月15日の創刊時の発売タイトルは、『SSB -超青春姉弟s-(スーパーセイシュンブラザーズ)』(慎本真)のほか、『Baby, ココロのママに!』(奥山ぷく)、『思春期ビターチェンジ』(将良)、『会長クンのしもべ』(ほずの都)、『キスに恋属』(豊田悠)。ポラリスCOMICSは定価600円(税込)で、10月15日の創刊後は毎月15日発売となる。
特に『SSB -超青春姉弟s-(スーパーセイシュンブラザーズ)』は、単行本の創刊前にアニメ化が決定している。今後、テレビ放送を目指す。今回の単行本ブランド創刊が、メディアミックスを前提にしたものであることが分かる。

COMICポラリス
http://comic-polaris.jp/