マンガ雑誌の価格破壊 モーニング・ツー最新号を半値に

 「モーニング・ツー」掲載作品のインターネット上での無料公開、iPhoneでの同時発売、国際規模でのコミック大賞の開催など、驚きの企画を次々に打ち出す講談社モーニング編集部が、新たなサプライズを発表した。10月22日木曜日に発売されるモーニングスーパー増刊「モーニング・ツー」27号を通常価格より51%低い定価190円で発売する。
 毎月1回発売の「モーニング・ツー」は通常の販売定価は390円である。ところが次号は200円出しておつりが来るマンガ雑誌としては破格の価格となる。マンガ雑誌では最安値となり、再び大きな話題を提供することになる。

 大幅な値下げによる大胆な価格設定は、ビジネス的には一見大幅な赤字に見える。しかし、これはファンの日頃の愛顧と声援に対する感謝だという。
 モーニング編集部は昨年10月に、「モーニング・ツー」の掲載作品を3号連続で一ヶ月遅れの無料公開をし話題を呼んだ。この好評もあり、今年5月からは雑誌発売と同時のインターネット掲載も含んだ「モーニング・ツー」の全てのウェブサイト無料公開を1年間続ける試みをスタートした。

 無料公開による売上の減少も心配されたが、実際には数多くのメディアがこの企画を取上げたことから「モーニング・ツー」の知名度は一気に高まった。雑誌の売上も大幅にアップしているという。
 インターネットと紙媒体の雑誌の理想的な共存を実現したかたちだ。編集部は結果的に大宣伝になったとし、大幅に浮いた宣伝費をファンに値下げのかたちで還元することになった。

 しかし、今回の大幅な値下げは、感謝の気持ちであると同時に、また新たな話題づくりになっている。明日発売の27号の表紙は、いまや雑誌の看板タイトルとして定着した『聖☆お兄さん』のアップに「\190」の大きな文字と「価格破壊!漫画雑誌最安値!!」の文字が被さるインパクトのあるものだ。
 これが多くの人の目を惹くことは間違いないだろう。以前は比較的マニアックで、通好みとされてきた「モーニング・ツー」だが、その知名度は最早メジャー級である。

モーニング公式サイト http://morningmanga.com/


TDCS開講!