東映アニメーション第1四半期 売上、利益過去最高を更新 映像製作・販売好調

アニメ製作大手の東映アニメーションが、2013年も好調なスタートを切っている。7月29日に同社が発表した平成26年3月期第1四半期決算(25年4月~6月)は、売上高、営業利益、経常利益、当期純利益の全てで過去最高となった。
売上高は79億4100万円(前年同期比13.6%増)、営業利益は15億9400万円(160.2%増)、経常利益は18億400万円(同137.1%増)、四半期純利益は11億6100万円(同134.5%減)となった。利益面の伸びが特に大きくなっている。

前期は版権事業の伸びが業績を支えたが、今期の第1四半期までの決算では映像製作・販売事業の好調が際立っている。同事業の売上高は前期25億9500万円から34億6800万円の33.6%増と急伸している。
売上高増加を牽引したのは、劇場アニメのヒット、テレビアニメ制作の増加、Blu-ray/DVDの好調である。劇場アニメでは『ドラゴンボールZ 神と神』が興行収入29億円となる大きなヒットになった。テレビアニメはシリーズ制作が4本から5本に増えた。また、映画『ワンピースフィルムZ』のBD、DVDがヒットとなった。「GREATEST ARMORED EDITION(完全初回限定生産版)」が、初週でBD4万1000枚、DVD4万3000枚であった。
また、中国向けのアニメ配信契約などがあり、海外映像が前年の2億7100万円から8億5000万円に大きく増加した。ソーシャルゲームは減少したが、全体で前年を大きく上回った。セグメント利益は前年のマイナスから8億4800万円の利益に浮上した。

一方、版権事業は、売上高で前年並み、利益では前年比で11.5%減である。売上高26億6700万円、セグメント利益10億3900万円である。
国内版権では『ドラゴンボール』が増加したものの、『ワンピース』、「プリキュア」シリーズ、『トリコ』がいずれも前年同期を下回った。海外版権は『ワンピース』が好調で、3億600万円から3億8200万円に拡大した。
また商品販売事業は売上高14億9200万円(2.2%減)、セグメント利益400万円(94.1%減)である。『ワンピース』が軟調だったとしている。

東映アニメーションは売上高で、第1四半期までで業績予想に対する進捗率は28.8%、利益面で50%を超えている。新年度を順調なスタートを切ったとしている。一方、業績予想の変更は行っていない。
近年、好調を続ける東映アニメーションの業績は、版権事業の拡大に支えられた面が強かった。しかし、今期は映像そのものの事業が拡大しているのが特徴だ。好調な業績を背景に、あらたなコンテンツ創出に積極的に動き始めていると言えそうだ。

東映アニメーション
http://corp.toei-anim.co.jp/