コンテンツ制作のロジックとは? CG-ARTS協会がクリエイティブテクノロジーセミナー開催

CG-ARTS協会は8月2日、東京ミッドタウンのデザインハブにて「クリエイティブテクノロジーセミナー~クリエイティブテクノロジーは世界共通!コンテンツ制作のロジックとは?~」を開催する。
これまでクリエイティブな領域の日本のコンテンツ制作や教育の現場では、暗黙知や経験則を頼みにしてきた。一方、ここ数年、日本でもこの分野の研究が進み、共通のルールに基づいて論理的にキャラクターやシナリオなどを生み出す方法が確立してきた。そうした最新の方法をセミナーで紹介する。

今回のセミナーでは、クリエイティブテクノロジーがコンテンツ制作にどのように活用可能なのかを解説する。「プロデューシング」、「ディレクティング」、「シナリオライティング」、「キャラクターメイキング」、「オノマトペドローイング 」、「ミザンセーヌレンダリング」
など、コンテンツの設計からクリエイティブな管理までを網羅してゼロから創作活動を行う秘訣を披露する。
映像コンテンツ制作の「クリエイティブテクノロジー」のための技術について、体系的かつ簡潔に学べる1日となる。

講師は金子満さん。北京徳稲教育機構の大師やCG-ARTS協会の理事などを兼任している。対象は、コンテンツ制作にかかわる企業・大学・専門学校・高校などの教育担当者やクリエイティブテクノロジーに興味のある者となっている。
開始時刻は15時で定員90名、受講料は2100円(税込)である。グローバル化が求められるこれからのコンテンツ制作や教育の場で活用可能なロジックを体験出来る。
[真狩祐志]

クリエイティブテクノロジーセミナー
~クリエイティブテクノロジーは世界共通!コンテンツ制作のロジックとは?~
http://www.cgarts.or.jp/seminor/information/130802/

日時: 2013年8月2日(金)15:00~17:30 (開場14:30)
会場: 東京ミッドタウン・デザインハブ
定員: 90名
受講料: 2100円(税込)
対象: コンテンツ制作にかかわる企業・大学・専門学校・高校などの教育担当者やクリエイティブテクノロジーに興味のある方。
講師: 金子満 北京徳稲教育機構 大師、CG-ARTS協会 理事