TSUTAYAのネット関連事業統合 TSUTAYA.comが持株会社で商号変更

T-MEDIA???映像・音楽などのエンタテイメント事業を広く手がけるカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)グループは、インターネット事業の強化を目指して事業再編を行った。7月1日付で、TSUTAYA.comの商号T-MEDIAホールディングスに変更、そのしたにインターネット関連事業を統合する。
TSUTAYA.comはこれまでもインターネットでのソフト宅配レンタル、映像・音楽配信、eコマースなどを行ってきた。これをさらに強化する。T-MEDIAホールディングスを中間事業持株会社することで関連事業を統合的に展開する。

T-MEDIAホールディングスは、既存事業に加えて、ネットマーケティグ事業のアイ・エム・ジェイ、デジタル分野の人材育成のデジタルハリウッド、古書・中古ソフト売買のネットオフをグループ会社とする。既存のネット・エンタテインメントサービスとの連携を図る。
また、TSUTAYA.comの主要事業、CCCの展開していたエンタテインメント情報サイトTSUTAYA onlineも引き継ぐ。ネット関連事業には、宅配レンタルサービスTSUTAYA DISCAS、映像配信サービスTSUTAYA TV、エンタテインメント分野のeコマースサTSUTAYA オンラインショッピング、音楽配信TSUTAYA ミュージコなどが含まれる。また、公式アプリTSUTAYA アプリ、Tモールなども展開する。特に映像・音楽ソフト、配信では大きな存在となる。

CCCは中間事業持株会社の設立について顧客の接するインターネット環境は大きく変化していることを挙げている。スマートフォンやタブレット端末の急速な普及、ソーシャルメディアによるコミュニケーション
手段の多様化などの新しい状況にいち早く対応する。
グループ会社は、新たに制作したコーポーレートロゴ中心に、連携を取っていくことになる。店舗での映像・音楽ソフト、書籍関連事業で大きな存在であるCCCは、インターネットでもそうしたポジションを取りに行く。

T-MEDIAホールディングス
http://tsutaya.com/info/company/