MFブックス誕生 30代~40代の新レーベル メディアファクトリーとフロンティアワークス共同企画

メディアファクトリーとフロンティアワークス、ふたつの有力エンタテインメント企業が新たな読者開拓を目指す。両社は共同プロジェクトとして、新しい小説レーベル「MFブックス」を立ち上げる。
「MFブックス」が目指すのは、30代から40代の男性をメインターゲットとしたエンタテインメント小説である。青春時代をゲームやアニメ、マンガ、ライトノベルで過ごした大人世代に、夢のある物語を届ける。

今回、注目されるのは、プロジェクトを進める2社である。メディアファクトリーはMF文庫Jで、若者世代に向けたライトノベルで高い実績を誇る。そうしたノウハウを、現在のライトノベルより上の世代の読者層開拓に向けることになる。
さらにフロンティアワークスは、アニメやドラマCD、ゲームなどのコンテンツ開発、メディアミックスを得意とする。こちらも現在のユーザーは若者世代が中心だ。“オトナが楽しめる新しいエンタテインメント小説”を掲げる「MFブックス」にどうした作品が登場し、どう受け入れられるか関心を集めそうだ。

6月25日には、新レーベルと第1弾作品を紹介する公式サイトもオープンした。現在は、8月23日に発売される第1弾3タイトルを紹介する。5300万アクセス突破の『盾の勇者の成り上がり』(著:アネコユサギ、イラスト:弥南せいら)や『ライオットグラスパー ~異世界でスキル盗ってます~』(著:飛鳥けい、イラスト どっこい)、『詰みかけ転生領主の改革』(著:氷純、イラスト:DOMO)などだ。
レーベルの価格帯は税込1260円から、またソフトカバーで288ページ以上と、大人世代に相応しいボリュームが目指されている。第2弾は9月25日で3タイトルの発売となる。さらにその後も、毎月25日に新刊を発売する。

「MFブックス」
http://mfbooks.jp/