日本アニメーション学会 今年のテーマは「アニメーション教育と研究」

日本アニメーション学会は、6月15日から17日までの3日間、東京・練馬区の日本大学芸術学部江古田校舎にて、第15回大会を開催する。大会のテーマは「アニメーション教育と研究」である。アニメーション研究の根本について考えるものが選ばれた。

開催期間中に、テーマに基づいた基調講演、シンポジウムなども予定されている。6月15日の基調講演は、元日本映像学会会長で、日本大学大学院講師の岩本憲児氏が行う。
また、15日のシンポジウムは「大学に於けるアニメーション教育と研究」と題して、パネラーには横田正夫氏や氷川竜介氏、アニメ監督の片淵須直氏らの名前が並んでいる。16日のシンポジウムは「産業界に於ける人材育成と研究開発―東映アニメーション(株)を中心として―」だ。東映アニメーションの監督で研究開発室の池田宏氏を司会に、同社の作画監督・小田部洋一氏、撮影監督の吉村次郎氏、製作管理部長の堀川和政氏がパネラーとなる。

日本アニメーション学会は、日本で唯一のアニメーション領域の学術研究団体として1998年に設立された。研究機関誌の定期刊行や学会の開催、運営を行っている。

日本アニメーション学会
http://www.jsas.net/