「ニコニコ超会議2」来場者10万人突破、ネット視聴大幅増 2014年開催も

2013年4月27日、28日に幕張メッセで開催された大型イベント ニコニコ超会議2の2日間の来場者数が10万人を突破した。主催者のドワンゴとニワンゴによれば、期間中の来場者数は、初開催だった昨年の9万2384人上回る10万3561人となった。
また、会場の様子をインターネットでライブ配信する公式生放送の視聴者数(ネット来場者数)は、509万4994人と昨年の347万766人を大幅に上回った。

ただ、昨年以上の話題一方で、来場者数の伸びは12%と意外に低い。また、ニコニコ文化に馴染みのない来場者からは判りにくいとの声もあり、今後の課題となる。
ネット来場者数は47%増と大幅な伸びだ。2013年はライブ配信の番組数が大幅に増えたことも影響していそうだ。また、ニコニコの文化がリアルよりネットにより親和性が高いことを示しているかもしれない。
それでも国内で動員数が短期間で10万人を超えるカルチャーイベントは、必ずしも多くない。2年連続の大量の動員で、ニコニコ超会議は日本を代表するカルチャーイベントの一角を占めることになる。

ニコニコ超会議2の人気の秘密は、その巨大さと何でもありの多様さにある。会場は幕張メッセ展示ホール1~8ホール全て、さらにイベントホールを使用する広大なものである。主催者、各参加企業や団体がそれぞれブースやミニステージなどを組み、様々な企画が行われた。
その内容は、動画、アニメ、マンガ、音楽、ダンス、ゲームなどのポップカルチャーは勿論、将棋や鉄道、文学やSFなどの趣味の集まり、さらに社会現象からお役所、自衛隊、政治までとにかく幅広い。特に本年は自民党、民主党、日本維新の会、共産党などの参加、そして安倍晋三総理大臣の来場が話題を呼んだ。新しいカルチャー発祥の場として注目を浴びる。

ニコニコ超会議の盛り上がりは、今後も続きそうだ。主催では今回、早くも2014年のニコニコ超会議3の開催も発表した。2014年4月26日、27日に幕張メッセを会場に予定する。2013年の成功を、さらにつなげることになる。

「ニコニコ超会議2」
http://www.chokaigi.jp/

ニコニコ超会議3
開催期間: 2014年4月26日(土)、27日(日)
会場: 幕張メッセ