新海誠作品などのコミックス・ウェーブ川口典孝社長 アニメビジネスを語る

5月16日に、東京・中野の東京コンテンツインキュベーションセンター(TCIC)にてセミナー「アニメビジネスの醍醐味を語る」が開催される。これまでも数多くのアニメビジネスの関係者が登壇したセミナーシリーズである。
今回は、映像会社のコミックス・ウェーブ・フィルム(CWF)の代表取締役社長の川口典孝さんが講演をする。コミックス・ウェーブは、新海誠監督作品やヒットシリーズ『ピーピング・ライフ』などで知られている。そうした同社のプロデュース作品が語られる。

コミックス・ウェーブ・フィルムは、2002年にリリースした新海誠監督のアニメ作品『ほしのこえ』の大ブレークで話題となった。それ以来、長編の『雲のむこう、約束の場所』、『秒速5センチメートル』、『星を追う子ども』と、一貫して新海誠監督作品のプロデュースを行なっている。
また、クリエイターの発掘と育成に力を入れている。若手の作家に強みがあり、なかでも森りょういち監督の「ピーピング・ライフ」シリーズはDVDが累計30万枚を超えるヒットを記録している。

川口典孝氏は伊藤忠商事出身で、1998年の会社立ち上げにより、コミックス・ウェーブに関わってきた。2007年には、旧コミックス・ウェーブの映画・映像事業をMBOで買収し、コミックス・ウェーブ・フィルム社を設立、代表取締役となった。

コミックス・ウェーブ・フィルムは大手映画会社に比べれば小ぶりだが、アニメーションの製作、制作から配給、パッケージ販売、海外セールスまでを全て自ら手掛ける。さらに作家マネージメントも行うなどトータルな事業展開が特徴だ。既存のアニメ業界とは異なる切り口で、新しいビジネスに挑戦しているだけに、興味ある話が聞けそうだ。
また、5月31日には、同社がプロデュースする新海誠監督の最新作『言の葉の庭』の公開を控えている。こちらの話も期待出来るだろう。

開催は5月16日18時から19時半まで、申し込みは無料だが、事前に東京コンテンツインキュベーションセンターのサイトより申込みが必要だ。定員は40名、満席になり次第締め切る。
また、セミナーの後には懇親会(1000円)も予定している。
[真狩祐志]

東京コンテンツインキュベーションセンター
http://www.tcic.jp/

「アニメビジネスの醍醐味を語る」
~新海誠監督作品から、大ヒットDVD「ピーピング・ライフ」まで~
http://www.tcic.jp/event.html

講師: 川口典孝
モデレーター: 櫻井孝昌

日時: 2013年5月16日(木)18時~19時半 ((懇親会:19時半~20時半)
場所: 東京コンテンツインキュベーションセンター(TCIC) 1F 会議室A & フリースペース
参加費: 無料(懇親会費:1000円)
対象: コンテンツ業界で起業を目指している方/創業後間もないベンチャー企業の方
定員: 40名 (満席になり次第締め切ります)