水江未来「WONDER」 Kickstarterで映画祭出品費用などの公募開始

『WONDER』
『WONDER』

アニメーション作家の水江未来さんが1日1秒、1年をかけて制作・公開してきた『WONDER』がこのほど完成した。この作品をさらに世界に届けるため、世界最大のクラウドファンディングサイト・Kickstarterを利用した新たな試みがスタートした。
『WONDER』の映画祭出品費用などを、Kickstarterを通じて公募する。クラウドファンディングは、プロジェクトを支援する多数の人から少額の資金を募り、それをまとめることでプロジェクトを実現するものだ。海外のアーティストの間では利用が増えているが、水江未来さんはそれにいち早く挑戦する。

Kickstarterでは、これまでに『マインドゲーム』や『四畳半神話体系』などで知られる湯浅政明監督の『Kick-Heart』に高額の制作費が集まったことで話題になっている。『WONDER』では作品はすでに完成しており、映画祭への出品や35mmフィルムに焼く費用に充てるとしているのが特徴だ。
出資者へのリワードは『WONDER』のパスワード付きのリンク、水江未来の過去作品集DVD、監督自らの手によるオリジナルドローイングなどが用意されている。

一般的な映画祭では、応募にあたって出品料が必要となることが多い。また、フィルムに焼くコストやフィルムの輸送費など、映画祭の出品コストは意外に大きく、出品のハードルを高くしている。今回はクラウドファンディングを活用することでこれをクリアする狙いがある。

水江未来さんは、主に細胞をモチーフとした抽象アニメーションを制作してきた。今回完成した『WONDER』も同じく抽象アニメーションである。作画や彩色など全てアナログの手描きで、止め絵なし繰り返し無しの約8分が8760枚の原画で彩られた作品として仕上がった。楽曲は14人編成のアコースティックオーケストラ的グループ・パスカルズが担当している。「さよなら人類」などで知られる「たま」で活動していた
石川浩二さんや知久寿焼さんも参加しているグループだ。ケラリーノ・サンドロヴィッチさんの舞台「祈りと怪物~ヴィルヴィルの三姉妹~」の音楽、大林宣彦監督作品『この空の花 長岡花火物語』の挿入歌なども担当している。
[真狩祐志]

Kickstarter
WONDER | 365 Days Animation Project
http://www.kickstarter.com/projects/407135437/wonder-365-days-animation-project

『WONDER』
監督: 水江未来 / 音楽:パスカルズ
助成:  文化芸術振興費補助金
協賛: にしすがも創造舎
製作: CALF / CaRTe bLaNChe
http://wonder.calf.jp/
2013年夏より全国順次公開予定