東映アニメ 企画・経営部門のオフィス移転 神楽坂から中野駅前に

東映アニメーションは、東京都新宿区横寺町にある新宿オフィスの機能を中野区中野の中野セントラルパークイースト5階に移転することを明らかにした。7月中旬をめどに実施する。
新宿オフィスは同社の本社・スタジオ、製作本部のある練馬区大泉と並ぶ拠点のひとつである。企画営業部、経営戦略部、経営管理部などがあり、経営戦略のほか、テレビ企画、版権事業、海外ライセンスなどの拠点もここだ。

新宿オフィスとその周辺にある各部門、さらに子会社もひとつのビルに集約する。ワンフロア集約することで、コミュニケーションの活性化や部門間の連携強化を実現するとしている。
移転先となる中野セントラルパークイーストは、JR中野駅前の警察大学校跡地の再開発地区にある大型ビルだ。再開発地区には明治大学や早稲田大学、帝京平成大学のキャンパスなど教育機関も立地する。

東京都中野区は、国内のアニメーション産業の集積地のひとつ。2012年にはトムス・エンタテインメントも本社を中野移転している。また、マッドハウスやユーフォーテーブルなども同区にある。近隣の練馬区や杉並区、武蔵野市などにもアニメ会社は多い。
なお本社・大泉スタジオは、これまでどおり練馬区大泉で事業を継続する。

東映アニメーション
http://www.toei-anim.co.jp/