音楽のユーザー調査を日本レコード協会が報告 動画配信サイトの影響拡大

日本レコード協会は、2012年度「音楽メディアユーザー実態調査」の報告書を公開した。協会では、世代間の比較とトレンド分析という観点から、1986年より音楽ソフトや音楽メディアの需要を調査している。さらに、27回目となる今年は、こうした定点調査に加えて「音楽消費の変化に関する要因分析」と「ライブ・コンサートに係るユーザーの動向」に関する調査も行なっている。
報告書は2012年8月にインターネットによって実施したアンケート調査を元にしている。サンプル数は4,948人で、対象は全国の12~69歳の男女となっている。

市場概要は、新品CD購入率は29.4%で前年度比でマイナス2.6%という結果が出た。他には、有料音楽配信・着うたフル購入率は12.1%でマイナス4.1%、CDレンタル率も21.6%でマイナス1.8%と、それぞれに昨年を下回っている。
「年代別推定マーケットシェア」によれば、30代~40代のシェアが最も高く、CD(セル)市場で41.8%、有料音楽配信市場で42.6%という数値が出た。着うたフル市場に関しては、中学生~20代社会人が41.2%と多く、30代~40代の42.8%に迫っている。

「各メディアの利用率の推移」によると、全般的に男性の若年層および50代以上の平均購入数量が増加している。とりわけ、新品CD購入率は、高校生と50代以上で増加が見られる。レンタル市場においては、逆に男性が減少して女性は増大する傾向がある。有料音楽配信(アルバム)と着うたについては、ほとんどの年代で減少している。

「購入した新品CDアルバムのジャンル」は、日本のポップスが最も多く、53.5%と過半数を占めた。また、アニメ音楽(映画/テレビ/ビデオ/声優等)は8.3%と、昨年の10.4%より減少した。
ちなみに、今年度から集計のはじまった「ボーカロイド(初音ミク等)を使用した楽曲」は3.2%という結果だった。アニメ音楽を、性年代別に見ると、男性は中学生から20代社会人まで、女性は中学生と高校生が新品CDアルバムを多く購入している。また、男性40代は11.2%と大きく、女性40代の0.7%とは大きな差異が出た。

「購入における未知アーティストの割合」によると、購入した音楽のうち未知のアーティストの比率は、CDではアルバムが41.7%、シングルが35.5%、有料音楽配信ではアルバムが41.6%、シングルが38.2%だった。着うたフルのみが50.7%に達している。
未知のアーティストを購入するきっかけとしては、CDに関しては、テレビ番組が最も多かったが、無料動画配信サイトの影響力も、ここ数年で増してきており、中学生から20代社会人についてについては、テレビを越えるという結果が出た。30代以上での影響力も大きく、かつてテレビが占めていたポジションを奪いつつある。

「聴取層別セグメント」によると、音楽に対して金額を支払ったのことある「有料聴取層」は前年の49.6%から46.6%へと落ち込んだ。他に「無料聴取層」は17.1%、「無料聴取層(既知楽曲のみ)」は18.4%、「無関心層」は17.9%である。「有料聴取層」は、特に40代において減少しており、2009年には56.9%だったのが、2012年には44.1%と過半数を割り込んだ。

有料聴取層が減少した理由としては、「現在所有している音楽で満足している」が38.0%で最も多かった。次いで「金銭的な余裕が減った」が29.6%だった。
また、無料聴取層の理由を調べると、「購入しなくても好きな時に聴取できた(YouTube等を使った)ため購入しなかった」が32.0%で最も多く、インターネットが購入の代替となっている現状がうかがえる。「購入したいと思ったが、金銭的な余裕が無かった」も23.2%と高かった。

「音楽の楽しむために利用したサービス」では、YouTubeなどの無料動画配信サイトが最も利用率が高く、次いでラジオが多かった。「音楽の視聴機器」は、屋内・屋外共にデジタル携帯オーディオプレイヤーも最も利用されている。

「ライブ・コンサート参加者の特徴」によると、ライブ・コンサートの参加率は、全体平均で29.3%にとどまった。女性の参加率は全年代層において高かった。
また、参加層のうち約4割は、CDや有料音楽配信を購入していないという結果が出た。ライブ・コンサート会場での関連商品・グッズへの平均支出額は、年間で約6千円、同じくCD・DVD購入額は約1500円となっている。チケット代は平均で16670円だった。
[多摩永遠]

日本レコード協会
http://www.riaj.or.jp/

[調査実施概要]
調査対象者: 12~69才男女(中学生は親の代理回答)
調査エリア: 全国
調査方法: インターネットアンケート調査
サンプル数: 4948
調査日時: 2012年8月(インターネットアンケート)