株式会社角川アスキー総合研究所2月1日設立 テクノロジーやコンテンツの総合発展目指す

角川グループホールディングスは、同社のグループ会社アスキー・メディアワークスの一部門として活動してきた角川アスキー総合研究所をスピンオフし、独立会社とした。2013年2月1日付で株式会社角川アスキー総合研究所を設立し、事業を継承する。
新会社設立にあたり、代表取締役社長に角川グループホールディングス取締役会長角川歴彦氏が、また代表取締役専務には角川デジックス代表取締役社長の福田正が就任した。さらに角川アスキー総合研究所の所長を務めてきた遠藤諭氏が取締役になる。

角川グループホールディングスは株式会社角川アスキー総合研究所の設立にあたり、外部から主席研究員を招く。MITメディアラボ所長の伊藤穰一氏、ドワンゴ代表取締役会長の川上量生氏、Rubyアソシエーション理事長のまつもとゆきひろ氏らである。これに遠藤諭氏と福田正氏が加わる。
主席研究員の知見と角川グループのコンテンツ、メディア、リサーチ、技術を総合的に発揮することで、日本メディア・コンテンツ産業全体の発展に貢献したいとしている。

角川アスキー総合研究所
http://research.ascii.jp/