ニセコをアニメとウェブで紹介 ファンワークス企画

 キャラクター事業のファンワークスは北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)、YAMASHIZENと共同で、北海道・ニセコ地域の活性化を目的とした観光プロジェクトを発表した。3者が協力して、ニセコのイメージに合ったキャラクターを通じてニセコの魅力を広く伝える。
 北海道大学の山村高淑准教授や東京大学の七丈直弘准教授、観光とコンテンツ分野の専門家が、キャラクターのコンセプトづくりにあたった。ファンワークスがキャラクターやアニメのデモ、ウェブサイトの制作を行う。

 ニセコは北海道を代表するスキーリゾート地として広く知られている。また、地域の雪はスキーに最適なパウダースノーとなっている。コンドミニアムなどの施設の充実もあり、近年はオーストラリアをはじめ世界各国からの観光客が増え、日本を代表する国際リゾート地となっている。
 今回はこうした特性をさらに強化するため、キャラクターを利用して通年型のリゾートとして世界にアピールすることを目指す。このためキャラクターには、海外にアピール出来るデザインを大幅に取り入れた。

niseko デザイナー小石川ユキによる外国人の女の子チェルシーは、ニセコを初めて訪れるという設定。青いリボンと目がチャームポイントで、パパやママ、ネコのニュートンとニセコの雪や温泉、居酒屋などを楽しむ。
 ファンワークスが制作したアニメーションデモは、10月21日からりロンドンで開催されるスキーショー「The metro ski & snowboardshow」で公開されることが決まっている。

 ファンワークスは、先頃、富山観光をアニメでアピールした「富山観光アニメプロジェクト」も手掛けたばかり。富山テレビ、ピーアーワークス、ビリッチらと手を組んだこのプロジェクトは、2009年のデジタルコンテンツグランプリの錦賞も受賞している。アニメという誰でも親しみやすい方法で、地域の魅力を紹介したことが高く評価された。
 アニメを利用した地域の活性化は、近年急激に注目されている。アニメによる地域活性化はふたつのパターンがある。ひとつはアニメの舞台となった地域と作品の連動、もうひとつは地域のブランドに合わせたキャラクターの創造とアニメ化である。

 ファンワークスの手がけるのは、後者のほうになる。地域のイメージに合わせたキャラクター、アニメの開発で、より息の長い取り組みとなる。
 地方自治体の間で地域の活性化のニーズは依然高い、また地域のキャラクターを作ったもののその利用方法に悩む例もある。こうした分野で実績を積み重ねるファンワークスの活躍の場は、今後もまだまだ広がりそうだ。

ファンワークス http://www.fanworks.co.jp/
北海道トラックス(YAMASHIZEN株式会社) http://www.hokkaidotracks.com/
ノーステック財団 http://www.noastec.jp/


TDCS開講!