IGポート第2四半期 アニメ制作で増収も、利益苦戦 ヤマト、黒子の版権が好調

アニメ製作・出版事業のIGポートは、1月15日に平成25年5月期第2四半期(24年6月~11月)の決算を発表した。連結売上高は前年同期比25.6%増の29億4900万円なった。しかし、営業損失が4400万円、経常損失は4300万円、四半期純損失は7100万円とマイナスだった。

売上高の増加は、映像制作事業の伸びに支えられている。期中には劇場アニメ『009 RE:CYBORG』があった。またテレビアニメでは『黒子のバスケ』、『輪廻のラグランジェ』、『宇宙戦艦ヤマト2199』、『PSYCHO-PASS サイコパス』、『TO LOVEる―とらぶる―ダークネス』、『ROBOTICS;NOTES』、『はなかっぱ』などがあった。2クール以上の大型作品も多く、売り上げを引き上げたとみられる。
しかし、売上高は当初33億7900万円を見込んでおり、見通しより4億2900万円低い水準となっている。これについてIGポートは、上期に予定していた映像制作の売上高が下期に後倒しになったためと説明する。これは連結範囲の変更や制作委託契約の解除によるものだとしている。映像制作事業の売上高は18億1804万円(26.3%増)、セグメント利益は5364万円(25.6%減)である。

一方、版権事業とそのほか事業は堅調だった。版権事業では『宇宙戦艦ヤマト2199』、『ギルティクラウン』、『009 RE:CYBORG』、『劇場版BLOOD-C The Last Dark』、『輪廻のラグランジェ』、『テニスの王子様シリーズ』と多くの作品から二次利用の収益分配を計上した。この結果、版権事業の売上高は前年同期比で127.1%増と急伸している。
なかでも『宇宙戦艦ヤマト2199』と『黒子のバスケ』のBlu-ray Disc、DVD販売と配信が好調だったとしている。しかし、大型作品への製作出資が拡大していることから、セグメント利益は955万円(27.0%減)と減少した。
その他事業も、売上高は1億1676万円と前年同期比94.7%増と大きく拡大している。攻殻機動隊のSNSゲームやiPhoneアプリが人気だったとしている。セグメント利益は773万円である。
利益面の苦戦は、出版事業に負うところが大きい。売上高が4億9267万円と前年同期比20.4%減となったほか、7385万円のセグメント損失を計上した。

中間期は赤字決算となったが、IGポートは通期では黒字決算を見通す。通期連結売上高は66億3200万円の20.6%増、営業利益は4200万円、経常利益は5500万円、当期純利益は4200万円となる見込みだ。

IGポート
http://www.igport.co.jp/