アニメ検定今年は休止に 実行委員会が告知

 2007年と2008年、過去2年間開催されてきた「全国総合アニメ文化知識検定試験」(アニメ検定)が、今年は開催されないことが明らかになった。アニメ検定を実施するアニメ検定実行委員会が、公式サイトにて告知を行っている。
 アニメ検定はアニメ文化に関する総合的な知識を問うものとして2007年に誕生した。アニメファンとしての知識だけでなく、アニメ文化全体を理解することでアニメ産業の発展にも貢献できるものが目指された。

 しかし、アニメ検定実行委員会によれば、検定運営を維持するのに必要な受験者を獲得出来なかった。また、検定の内容や基準、実施運営のあり方などの意見も受けており、今後、検定内容の全面的な再検討を必要と判断した。このため当面の間、検定を休止することにしたとする。
 アニメ検定はこれまで資格を5級から1級まで分けており、2級の受験資格は3級の合格者、1級の受験資格は2級の合格者としていた。このため最終的に1級の試験は行われないことになる。

 受験料は3700円(5級)から5200円(2級)とし、2007年はおよそ1300人、2008年は1200人超が受験した。受験者数は少なくなかったが、複数設けられた受験等級のための試験問題の作成や会場運営などのコストを吸収出来なかったようだ。

「全国総合アニメ文化知識検定試験」(アニメ検定)
http://aniken.jp/


TDCS開講!