石ノ森マンガを携帯配信

故石ノ森章太郎作品の著作権管理を行っている石森エンタテイメントは、モバイルコンテンツ開発のクワトロメディア、モバイル端末事業のDGモバイルと共同で石ノ森章太郎のマンガ作品をモバイル向けに配信する石ノ森章太郎公式サイトの運営を開始する。
公式サイトのタイトル「石ノ森章太郎」とし、Ezweb向けには12月1日から配信を始めており、Vodafone live!向けには、12月14日に開始する。

サイトでは、石ノ森作品の電子コミックスのほか、石ノ森キャラクターの待ち受け画面やゲームなども提供する。第1弾として『サイボーグ009』、『仮面ライダー』、『人造人間キカイダー』、『がんばれロボコン』などの10作品が配信される。その後、他の石ノ森作品に加えて、石ノ森章太郎に関係の深い作家の作品も紹介していく予定になっている。
利用価格は月額315円と525円のコースがあり、基本ポイント以上の利用には追加料金がかかる。

石森エンタテイメントは、石森プロ、石森章太郎プロ、伊藤忠の出資によって設立された会社である。先日に発表された石ノ森作品のハリウッドでの映画制作の企画など、最近は、積極的なビジネス攻勢が目立っている。
石ノ森作品は、作品・キャラクターのクリエーターである原作者が故人のため、今後も継続的にビジネスを続けるためには、キャラクターや作品の認知度を保つ必要がある。相次ぐプロジェクトには、作品・キャラクターの利用と伴に、積極的な露出戦略も理由のひとつにありそうだ。