トムス・エンタテイメントにセガ出身の新社長

大手アニメ制作会社のトムス・エンタテイメントは、11月28日づけでセガ出身の古賀督徳氏が新たに新社長に就任すると発表した。古賀氏は、昭和44年の大学卒業後にセガ(当時セガ・エンタープライゼス)に入社、平成7年よりトムス・エンタテイメントのアミューズメント事業部長を務めている。現社長の加藤俊三氏は取締役に退く。
トムス・エンタテイメントは、セガサミーグループによる持ち株買増しにより、10月7日に、セガサミーHDの完全子会社になったばかりである。異動の理由は、業務改革推進に伴う人事刷新のためとしている。