セガサミー業績見通し上方修正

ゲーム会社のセガとパチスロ事業会社のサミーを傘下に持つセガサミーHDは、平成18年3月期の中間業績予想を上方修正した。これまで半期売上高2400億円としていた予想は2430億円に、経常利益は280億円から420億円に、当期純利益は90億円から180億円にそれぞれ引き上げられる。
セガサミーは修正の理由を、主にパチスロ部門であるサミーのパチスロ機の販売増と販売管理の減少、高付加価値製品の販売好調によるものだとしている。

下期についてはパチスロ部門の好調に加えて、セガ部門のアミューズメント施設事業の『甲虫王者ムシキング』、『オシャレ魔女 ラブ&ベリー』の販売が好調が寄与するという。このため11月に予定されている中間決算発表時に通期決算についても見直すと方針である