バンダイビジュアル 海外プロデュース部設立

アニメ企画・DVD流通会社のバンダイビジュアルは、平成17年9月1日付で機構改革を行い、新たに海外プロデュース部を設ける。海外プロデュース部は、海外ライセンス業務のほか、北米地域における発売商品の編成、商品仕様の決定等、商品化に関する一連の業務とクオリティコントロールを一元的に担当することになる。これまで海外ライセンス業務はライセンス営業グループが行なっていたが、海外部門は新設海外プロデュース部に移管されることになる。

今回の機構改革は、本年1月のバンダイビジュアルの米国子会社BANDAI VISUAL USA INC.設立に続く同社の米国ビジネス展開の流れにあるといえる。また、現地会社と合わせた日本からのサポート体制の構築であると考えられる。
BANDAI VISUAL USAの設立や今回の機構改革の目的でも度々述べられているように、バンダイビジュアルの米国でのビジネスは品質の高いDVDパッケージ展開を最大の目的としている。現在、米国のアニメDVD市場は急速な小売単価の下落や販売タイトルの増加による一タイトル当たりの売上げ減など様々な問題を抱えているとされている。こうした米国市場の中で、バンダイビジュアの高品質高価格戦略が消費者にどう受け取れるかは今後の米国DVD市場を見るうえで注目すべきであろう。